酒の力:上昇する酔っぱらいユーザーテストの人気

昨今、インフォーマルなセッティングで行う、Drunk User Testing(酔っぱらいユーザーテスト、DUT)という新たなユーザー調査の手法が人気を高めている。DUTは合コン的なセッティングとゲリラHCI(Human-Computer Interaction)という調査方法を組み合わせたイベントで、参加者にはアルコールと軽食がふるまわれ、パーティームードの中で、1つ以上のデジタルアセットをレビューすることが求められる。これはフィードバックを得る方法として楽しいものかもしれないが、同時に倫理的、法的、そして論理的なリスクを伴うものでもある。

原文は英語だけになります

Fitzgibbon, R. (2018). 酒の力:上昇する酔っぱらいユーザーテストの人気. User Experience Magazine, 18(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/boozeability/?lang=ja

One Response

  1. Suzanne Amos より:

    What about inclusivity though? People cannot take part in drunken guerrilla testing if their culture, beliefs or health condition don’t allow alcohol. I realise you’re not advising us to use this as our only form of testing but…

Leave a Reply