データ主導型デザインへの挑戦

A/Bテストやアルゴリズム的マーケティングは、パーソナライズされたコンテンツや体験を開発するためによく用いられる手法である。これらの手法の量的側面に重点を置くのは一般的なことだが、これらに独創的なアイデアやユーザーの直接観察といった質的思考を注ぎ込むことにより、さらに高い効果が得られるかもしれない。この記事では、小売およびホスピタリティ業界の例を挙げながら、質的情報を併用することによって従来のデータ主導型デザインに挑戦を投げかける。

原文は英語だけになります

Pang, J. (2017). データ主導型デザインへの挑戦. User Experience Magazine, 17(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/diversify-the-data-in-data-driven-design/?lang=ja

One Response

  1. Richard Leung より:

    Jessica, thanks for the article and the sharing of experience. Very good job!
    Richard

Leave a Reply