あなたにとってはどうでしたか? 人々が体験を説明するための手助け

感情は人々が製品やサービスを利用するよう促すのに重要な役割を果たしている。一般的に、好ましい感情を作り出すデザインは、より成功を収めている。我々は、発話思考法、観察、インタビュー、アンケート調査を用いて、これらの感情の記述的な証拠を集めた。しかし、これらの感情を捉えそれを関係者に伝えることは必ずしも簡単ではない。この記事では、形容詞のリストを使って参加者が自らの体験を説明できる「ルックアンドフィールツール」を紹介している。適切な形容詞が選択されたら、参加者はそれを選択した理由について説明を求められる。このツールはすぐに利用することができ、結果は容易に分析でき、しかも、参加者の関心をつかむように伝えることができる。

原文は英語だけになります

Palmén, H. (2011). あなたにとってはどうでしたか? 人々が体験を説明するための手助け. User Experience Magazine, 10(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/how_was_it_for_you/?lang=ja

Comments are closed.