予想もしていないことに備えよ:グローバルリサーチ実施上のティップス

グローバルリサーチは、ともすればリサーチャやステークホルダーの仮定に反するような、固有のロジスティックに関するもの、または文化的な課題を引き起こす。プロジェクトを成功させるには、偏見を持つことなく準備を整えて臨むことがポイントとなる。 [続きを読む]

知覚の測定:知覚品質という課題に取り組む

Radar chart

ユーザーの知覚を測定するというのは、困難な課題である。知覚品質テストは、行動や態度を観察することにより、研究者がユーザーの知覚を定量化するのに役立つ。 [続きを読む]

そちらはどんなふうにやってるの?:ブラジルとニュージーランドにおけるUXデザイン

ブラジルとニュージーランドの8人のUX専門家によるグローバルUXリサーチに関するインサイト。全く異なる2つの国において、リサーチ・ツールや優先されるリソース、そして仕事への情熱は共通している。 [続きを読む]

UXの状況:南米からの声

南米では、同地域の文化的多様性 という課題があるにもかかわらず、UX分野の成長が始まっている。いくつかの国のUX専門家は、イベントを主催し、コミュニティを作るために、地域グループを形成している。 [続きを読む]

ブラジル産業界へのユーザー中心のデザインの導入:課題と見返り

企業組織でのUXの成熟度が低いブラジルでは、ユーザー中心のデザインはチャレンジであろう。チームは、ユーザー中心のデザインに対する経営陣の反発を乗り越えながら、文化的な考慮事項に取り組む必要がある。 [続きを読む]

文化を超える10の方法:ユーザーの選択を容易にする

意思決定を支える文化的な手がかりを理解することで、サイトをより使いやすいものにすることができる。 [続きを読む]

ラテンアメリカにおけるUXリサーチ:すべきこと、してはならないこと

ブラジル、コロンビア、メキシコにおける効果的なUXリサーチの実施方法を学び、スクリーニング、翻訳、フィールド調査、観察、およびインターフェイスのデザインに関するティップスを習得しよう。 [続きを読む]

ウェブサイトの翻訳:翻訳方法と翻訳するコンテンツの決定

モバイルアクセス用にデザインされるグローバル・ウェブサイトの成長に伴い、ウェブコンテンツの多言語翻訳もまた重要性を増してきており、グローバル企業においては特にその傾向が著しい。 [続きを読む]

ペルー・リマにおけるデザイン・ワークショップ:クリエイティブ・プロセスを教える

Small group working around a table.

マサチューセッツ工科大学(MIT)のUX研究者グループが、ペルー・リマのクリエイティブ業界からの参加者のために、UXデザイン・ワークショップを開催した。これらの研究者は、調査、アイデア獲得、コンセプト開発、改良のための重要なテクニックを紹介した。 [続きを読む]

ウェブサイトのローカリゼーション:3つの基本原則

あらゆる言語、文化、場所のユーザーに対応するウェブサイトのデザイン方法を学ぼう。ウェブデザインのたった3つの基本原則を活用する ことにより、ウェブサイトを「ローカライズ」することができる。 [続きを読む]

文化的な嗜好:ウェブにおけるメキシコ系アメリカ人

複数の民族グループを対象とする場合、特効薬的なソリューションというものは存在しない。米国のラテン系サブグループが皆同じウェブサイトを使用することもなければ、同じ文化的な圧力に遭遇することもない。 [続きを読む]

コスタリカにおけるユーザビリティ評価:2つの視点

コスタリカで行われたこのケーススタディは、ソフトウェア開発会社およびソフトウェア開発の初心者におけるユーザビリティ評価の見方について調査するものである。 [続きを読む]

文化的コンテキストとUXオムニチャネル調査:サンパウロでのモバイルウォレット調査から得た洞察

オムニチャネル戦略では、文化的コンテキストを考慮することは必須である。ブラジルにおける携帯電話の公共での使用における安全性に対する懸念が、モバイルウォレット導入にどう影響したかについて学ぶ。 [続きを読む]

得られた教訓:地域に向けたコラボレーション・スペースのデザイン

ラテンアメリカの30カ国にわたるプロジェクトのためのコラボレーション・スペースの作成と、組織が学んだ「強固なUXプロセス」の必要性についての教訓。 [続きを読む]

田舎者:カンガルー

風刺漫画家リー・ルビン(Leigh Rubin)のワイルドでひねくれた世界から生まれたコミック [続きを読む]