UXパーフォーマンスのメトリクス:変更を測定する方法

コンテンツとデザインに加えた変更が、利用効率や利用者の心理にどれほど影響するのかをデータで示すことができれば、UXの仕事に対する価値が認められ、その活用が進む。 [続きを読む]

市民の関与:一般市民の社会参画に対する8つのアプローチを考察する

テクノロジーの活用によって一般市民の地方政府への関与を高めることを試みる、8つの社会参画プラットフォームを評価する。 [続きを読む]

ユーザー中心のデザインと社会福祉サービス:21世紀の政府への期待を実現

オンラインおよびオフラインで社会福祉サービスにアクセスする際の障壁を減らすためにとられたユーザー中心のデザインを、Code for America(コード・フォー・アメリカ)からの事例で紹介する。 [続きを読む]

ピアツーピアの募金サイト:効果を意図したデザイン

募金イベント用のウェブサイトのデザインでは、イベントにかかわりそれぞれが異なるニーズを持つ、多くの役割を考慮する必要がある。関係者間の関係と役割のもつれを解くことが、極めて重要な最初のステップである。 [続きを読む]

新興国市場向けのモバイルアプリ:2億1,500万人にリーチする

2億1,500万人の人々が、60以上の言語を使用する新興国市場に向けてモバイルアプリのデザインをする場合には、デザイン、テクノロジー、ユーザーエクスペリエンス、シンプルさのバランスが求められる。 [続きを読む]

欠乏感:デザイン向上を探求するために「制約」に注目する

欠乏感という概念に注目することにより、新たな観点からのユーザーの理解、ニーズに合わせたデザイン、およびユーザーのリソースの最良の活用方法が見出される。 [続きを読む]

万人向けのオンラインバンキング:高齢化する利用者のためのデザイン

高齢者またはコンピューター経験の浅い人々を対象とするデザインには、ウェブサイトの機能の厳密な定義、明確なワークフロー、そして利用者の気を散らすものを極力除いたページのデザインが求められる。 [続きを読む]

街中で知らない人に話しかける:気軽に声をかけることによる勧誘活動

調査プロジェクトのために参加者を募集するのは時として容易いことではないが、その対策として人が集まる所へ出向くと、適した参加者が見つかり易いことがある。 [続きを読む]

openFDA:ユーザー中心のデザインとオープンデータを公共のために役立てる方法

この記事では、ユーザー中心のデザインプロセスによって達成された、一般市民、開発者、政府機関からのopenFDAへの(グローバルな)アクセスを取り上げ、大規模な政府データをどのように使いこなすかを学ぶ。 [続きを読む]

openFDA:ユーザー中心のデザインとオープンデータを公共のために役立てる方法

「親密なパートナーからの暴力」(Intimate Partner Violence、IPV)を扱う非営利団体のウェブサイトのデザインには、暴力に直面する人々の安全を守るために、多くの特別な配慮が求められる。 [続きを読む]

大規模なデザイン:デザインコミュニティの構築

英国政府デジタルサービスの拡大を背景に、政府サイトのデザイナーとマネージャーらを対象として行われた内部ユーザビリティテストで、パターンを集めたライブラリ以上のものが必要とされていることがわかった。 [続きを読む]

米国政府のUX活動:課題、戦略、嬉しいニュース

米国連邦政府におけるより良いUXを目指した新しい法律と行政的支援が、複雑性、規模、限られたリソースといった課題を抱えながら精励する人々の助けとなる。 [続きを読む]

白亜紀の災害対策委員会(Rubes時事風刺漫画)

風刺漫画家リー・ルビン(Leigh Rubin)のワイルドでひねくれた世界から生まれたコミック [続きを読む]