UXデザイン手法の選択:小さなUXデータをビッグに

どのUXデザイン手法を用いてプロジェクトを進めるか決定することは、いつもそう簡単なわけではない。実証的データに基づいてより良いツールを開発することで、その決定が容易になる。 [続きを読む]

モーションデザインをアクセシブルにする方法:UXコレオグラフィー 第2部

アクセシビリティにおいては、いくつかの基本ガイドラインを守ることが、モーションデザインをよりインクルーシブなものにし、ユーザーエクスペリエンス全般の洗練度と成熟度を高めるのに役立つ。 [続きを読む]

教えることは学ぶこと:メンタリングを通して、自らのキャリア、職場、そしてUXコミュニティに付加価値を与えよう

メンターシップ(メンタリング)はUX分野における最も有効な学習方法の一つである。メンターシップの形態は多種多様であり、メンター(指導者)あるいはメンティー(被指導者)として、誰でも容易に始めることができる。 [続きを読む]

UXチームの構築:唯一不変なるものは変化なり!

UXチームの構築は道程であって、最終目的地ではない。成功するためには、確かなビジョンと詳細な能力計画、トレーニング、そしてチーム作りが必要である。 [続きを読む]

UXマネージャーになるにあたって:新たなスキル、要件、恩恵

UXマネジメントの任務に就くにあたっては、その新しい仕事が与えてくれるチャンスや課題を理解しておくことがためになる。 [続きを読む]

エンタープライズ化したUX:インドと南アフリカから学べること

UXは、今や大規模な企業的取り組みへと発展し、制度化されつつあるが、あなたの組織ではUXへの取り組みを拡充する準備ができているだろうか? [続きを読む]

メトリクスをビジネスに結び付ける:21世紀の企業におけるUXモデル

NPSなどの標準的なUXメトリクスを製品、事業、財務のメトリクスに結び付けることにより、UXの専門家は自分たちの仕事を正確かつ正当に立証することができる。  [続きを読む]

UX人材のパイプライン構築:業界と学界のコラボレーション

UX実践者に対する需要の高まりによって、学術機関と業界は、研究、UXのプロ化、そしてUX分野の紹介や人材トレーニングを提供する教育を融合させられるような、画期的な方法の発見に駆り立てられている。 [続きを読む]

ユーザー調査の向こう側:顧客の声にもう一度耳を傾けよう

顧客の声に耳を傾け、そこから学んだことをデザインプロセスに組み入れることは、知識のギャップを埋め、製品を改善するのに役立つ。 [続きを読む]

ニールセンのヒューリスティック評価:原理と実践における限界

illustration of a checklist

ニールセンのヒューリスティック評価は、実際にテストする以外の方法をとる、標準的なユーザビリティ評価ツールの一つではあるが、変化するデザインの生態系には対応できていない。 [続きを読む]

データ主導型デザインへの挑戦

デザイン上の決定を促進するため、データの活用法について批判的かつ独創的に考察することで、ユーザーにより良い体験をもたらすことができる。 [続きを読む]