(English) Problem to Prototype in Five Days (Book Review)

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。 [続きを読む]

(English) The Ultimate Introduction to Scrum (Book Review)

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。 [続きを読む]

UX調査を用いてアジャイルプロセスを導く方法

このケーススタディでは、著者が、チームとともにUX調査をアジャイル開発プロセスに組み入れた方法について語る。その結果もたらされた変化により、チームはスプリントサイクル全体を通してUX調査を取り込むことで、ユーザーのニーズにより良く対応できるようになった。 [続きを読む]

機械学習とAIはマジックを実行するので、UXのプロフェッショナルはどのように役立つのですか?

(English) Artificial intelligence (AI) is a collection of technologies that enables machines to perform tasks that previously would require human intelligence, such as learning, reasoning, solving problems, and adjusting to new input. The technology can augment and even replace human activities. Recent research on the impact of AI, described in the Accenture Technology Vision (2017), reveals that AI could double annual economic growth rates in 2035 by changing the nature of work and creating a new relationship between man and machine. [続きを読む]

証拠に基づくストーリーマッピング:ステップバイステップ・ガイド

製品開発の方向性について複数の可能性を検討する場合、ステークホルダーの考えを理解し、優先順位付けのための情報を得るために、証拠に基づくストーリーマッピングツールが大変有効であろう。 [続きを読む]

デザイン思考とSAFe® によるアジャイル開発:USAAにおけるHCD

USAAは、メンバーに提供するデジタルエクスペリエンスを向上させるために、従来からのIT主導型アジャイル手法にデザイン思考の原則を取り入れようとしている。 [続きを読む]

アジャイルUX:思っているほど悪くない

UXer(UXに携わる者)と設計者のチームが、自分たちの製品、業績、そして仕事への満足度を高めるために、いかにアジャイルなアプローチを取り入れたかを学ぼう。 [続きを読む]

組織への切り込み:他分野からの教訓を生かし、最高のUX実現へ

本記事では、ユーザー中心のデザインプラクティスへの経営幹部の賛同を勝ち取るために、UX分野が製品管理やエンジニアリングといった他分野から学べる教訓をいくつか紹介する。 [続きを読む]

酒の力:上昇する酔っぱらいユーザーテストの人気

パーティームードの中で実施されるユーザー調査の人気が高まってきているが、これには倫理的なリスクと方法論的な懸念が伴う。 [続きを読む]

アジャイルなリモートチーム

アジャイル手法、UXプラクティス、そしてリモートワークという要素を組み合わせることは不可能だという考えもあるが、十分な配慮をもって管理すればこれらすべてを上手く行うことも可能である。 [続きを読む]

無駄のないユーザー調査:アジャイル手法最前線からの教訓

経験豊かなユーザー研究者が、迅速なアジャイル開発プロセスに合わせたユーザーエクスペリエンス調査を行うために、無駄のない調査方法を開始・反復・拡張するためのヒントを明かす。 [続きを読む]

Rubes 漫画:目立ちたがり屋

目立ちたがり屋!- 絶壁にいるヤギがあっけにとられて見つめてるのは、別の絶壁で逆さになっているもう一匹のヤギ! […] [続きを読む]