すべての人にアクセシブルなウェブサイト作り

cover-Horton-Quesenbery-web-for-everyone-150A review of
A Web for Everyone: Designing Accessible User Experiences
by Sarah Horton and Whitney Quesenbery
Rosenfeld Media, 2014

誰もがウェブを使用できるとしたらどうだろう?この本は、ウェブサイト作成の業務に携わる者にとって、この問題に的確に対処するための具体的なガイドラインとその理由を提供してくれる。すべてのUXの試みがそうすべきように、この本もまずユーザーついて取り上げており、多様性の価値をうたい、「アクセスを必要としているのに、それができないのは誰か?」と問いかけている。8人の人物の紹介を通し、それぞれ別のアングルからUXの分野で周知の課題を検討している。

原文は英語だけになります

Preston, A. (2014). すべての人にアクセシブルなウェブサイト作り. User Experience Magazine, 14(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/making-the-web-accessible-to-all/?lang=ja

Comments are closed.