モーションのデザイン:UXコレオグラフィーの紹介

UIモーションデザインへのUXの応用は極めて重要になっており、「UXコレオグラフィー」という新しい用語も誕生した。成功を生み出すデジタルインターフェイスには、モーションインタラクションデザイン、モーションベースのトランジション、マイクロインタラクション、そしてブランド全体の特徴を表現するモーションが用いられる。デザインチームは、彼らが取り組む分野――題材、空間、機能、楽しさ――に基づき、3つの方法でUXコレオグラフィーを検討することができる。インターフェイスに少しずつ取り入れていくなら、モーションの追加は難しいことではない。

原文は英語だけになります

Brundrett, A. (2016). モーションのデザイン:UXコレオグラフィーの紹介. User Experience Magazine, 16(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/motion-design/?lang=ja

Comments are closed.