モーションのデザイン:UXコレオグラフィーの紹介

UIモーションデザインへのUXの応用は極めて重要になっており、「UXコレオグラフィー」という新しい用語も誕生した。成功を生み出すデジタルインターフェイスには、モーションインタラクションデザイン、モーションベースのトランジション、マイクロインタラクション、そしてブランド全体の特徴を表現するモーションが用いられる。デザインチームは、彼らが取り組む分野――題材、空間、機能、楽しさ――に基づき、3つの方法でUXコレオグラフィーを検討することができる。インターフェイスに少しずつ取り入れていくなら、モーションの追加は難しいことではない。

原文は英語だけになります

Brundrett, A. (2016). モーションのデザイン:UXコレオグラフィーの紹介. User Experience Magazine, 16(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/motion-design/?lang=ja

One Response

  1. Reed より:

    Thank you for sharing this piece, nicely done! Our brains and our eyes on a biological level are designed to detect objects in motion with extreme sensitivity. This dates back to our early existence as it helped us identify predators who may be looming. Motion is a very strong stimulus so it can be very distracting if the area of motion isn’t necessarily the area where you want your user to focus. I see motion as a good addition to more simple pieces of design for that reason. Weather apps, home pages, tutorials are all places without too much information to consume. In applications such as e-commerce browsing features, database filtering and other information dense elements I see motion design as more of a distraction than an addition to the user experience.