ニールセンのヒューリスティック評価:原理と実践における限界

ニールセンのヒューリスティック評価は標準的なユーザビリティ評価ツールの一つであるが、その原理と実践には改善の余地がある。このツールは評価上の優れた基盤を提供するが、そこから得られるガイドラインの効果は、ウェアラブル、カンバセーショナル、マルチモーダル、タンジブルといったユーザーインターフェイスが優先する次世代のデザインに関してはいまひとつである。また、意図された方法で、複数の評価者によって調査が実施されない場合は、このツールでは信頼できる定性調査を行うこともできない。

原文は英語だけになります

Ballav, A. (2017). ニールセンのヒューリスティック評価:原理と実践における限界. User Experience Magazine, 17(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/nielsens-heuristic-evaluation/?lang=ja

Leave a Reply