万人向けのオンラインバンキング:高齢化する利用者のためのデザイン

高齢者またはコンピューター経験の浅いユーザーを対象としてオンラインバンキング用アプリケーションの開発を行う場合には、デザインの原則が参考になる。この原則には、主要な機能のみを含む最小限の製品の定義と開発、視覚的に注意を散漫にする要素の削減、ウィザード形式のワークフローの利用、プログレッシブディスクロージャー(段階的な情報の開示)といったことが含まれ、繰り返しユーザビリティテストを実施することで、これらの原則に基づいた改善が確実なものになる。これらのガイドラインは、気が散ることの多い環境でアプリケーションが使用される際に、ユーザーの注意を保持したい場合にも利用できる。

原文は英語だけになります

Sandberg Madsen, J. (2015). 万人向けのオンラインバンキング:高齢化する利用者のためのデザイン. User Experience Magazine, 15(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/online-banking-for-everyone/?lang=ja