Articles about バイオメトリクス 視線計測

感情の測定:バイオメトリクスの代替としての自己報告

感情チャートを用いて自己報告による感情を把握することは、バイオメトリクスによる手法に比べて費用対効果が高い上に、偏りがなく正確である。 [続きを読む]

Eye Tracking in User Experience Design(書評)

BergstromとSchallの著書『Eye Tracking in User Experience Design』の書評。いかにアイトラッキングを活用してさまざまな分野のユーザーエクスペリエンスを改善したかについて、専門家が語る。 [続きを読む]

画像の影響:ユーザーによる処理と認識に関する研究

視標追跡調査の結果、人の画像はユーザーの注意を引き、ユーザーによるウェブページの処理と認識に著しい影響を与えることが明らかになった。 [続きを読む]

弱者のためのデザイン:イラストで複雑な医療情報サイトをわかりやすく

イラストレーションには、複雑な医療関連情報の理解を助けてくれる可能性があるが、効果的に利用するためにはテストを実施して幅広いユーザーのニーズに応えられるよう調整する必要がある。 [続きを読む]

ユーザーの真の心理を明らかにする:UXリサーチの将来

ユーザーエクスペリエンス・リサーチの世界では、生理反応を取り入れた、素晴らしい新時代が幕を開けつつある。より経済的かつ実用的になりつつあるツールに期待しよう。 [続きを読む]

百聞は一見にしかず(書籍レビュー)

Aga Bojko著『Eye tracking the User Experience – A Practical Guide to Research』(ユーザーエクスペリエンスのアイトラッキング – 研究のための実践ガイド)の書評。アイトラッキング調査を進める際のヒントが記載された必読書。 [続きを読む]

より良いゲームとは:アイトラッキングから得られる洞察

Eyetracking on mobile screen

アイトラッキングはゲームのユーザテストに有益なツールである。 [続きを読む]

バイオメトリクスを使ったプレーヤー体験の実態解明

graph with game points labeled

ビデオゲームはプレーヤーの体験の質によって評価される。しかし、自己報告やインタビューなど、プレーヤーの体験を評価する従来の方法は、サンプリングアプローチやプレーヤーのゲームプレイに対する認識に頼っており、理想的とは言えない [続きを読む]

見た目だけではダメ:ユーザエクスペリエンス分野のアイトラッキングに関する10大誤解

image of heatmap

アイトラッキングはもはや、ユーザエクスペリエンス研究のツールとして一握りの専門家が使用するような新奇なものではなくなった。 [続きを読む]

(English) Help! Where Is It When You Need It?

(English) Provide form instructions on a separate web page and place a “Help” link at the beginning to help users who prefer or require “up front” instructions to complete the form. [続きを読む]

(English) Usable Voting (Issue 4.1)

Magazine cover

(English) Observations from U.S. elections and automotive interfaces. (Some articles available in PDF format.) [続きを読む]