時間のトライアル:UXデザイナーが時間を学ぶべき理由

ユーザーエクスペリエンスはインターフェースよりもずっと下層にある部分、つまりデータベースのレベルから始まるものであり、時間データに関する作業はそのことを100%証明する経験となった。

UXはインターフェースよりもずっと下層にある部分、つまりデータベースのレベルから始まるものであり、時間データに関する作業はそのことを100%証明する経験となった。教育用テクノロジーのクリエイターである我々のチームは、時間を考慮しないことがどんな結果をもたらすかを、身をもって知ることになった。我々が目指したのは、ユーザー(教師や生徒)が時間というものをどのように体験し、アプリがそれをどのようにサポートできるかを理解することであった。我々が得た最大の教訓は、そのシステムがユーザーのニーズを満たすだけでなく、インクルーシブなデザインとして重要な例になるということである。

原文は英語だけになります

McLeod, M. (2019). 時間のトライアル:UXデザイナーが時間を学ぶべき理由. User Experience Magazine, 19(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/time-change-how-the-ux-of-time-begins-below-the-ui/?lang=ja

Comments are closed.