学習から行動へ:2015 GIANT カンファレンスのテーマ

本記事は、2015 GIANT カンファレンスの主なテーマと成果を要約したものである。同イベントで講演者が強調したのは、「正式な肩書きや職業がデザイナーでなくとも、人は皆デザイナーである」ということであった。我々は誰しもが毎日何かを作ったり行なったりしているが、そのこと自体が「デザインすること」であるとみなされる。デザインにおいては、誰も真のエキスパートではないし、すべてを知っているわけではない。だが、私たちは皆、より良いデザイナーになる努力をすることができる。

原文は英語だけになります

Nelson, D. (2015). 学習から行動へ:2015 GIANT カンファレンスのテーマ. User Experience Magazine, 15(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/turning-learning-into-action/?lang=ja

3 Responses

  1. Sonya Looney より:

    Thank you for including me in your recap. It was a great conference and I was honored and energized speaking to everyone!

  2. Phillip Nelson より:

    Thanks for sharing your insights and comments from the conference.Your application to the Emmanuel tragedy was
    very timely