共同クリエーターとしてのユーザー: プレイヤーを中心に据えたゲームデザイン

プレイヤーからのフィードバックや実際のユーザーからの意見をゲームのデザインに反映させることが、アジャイルプロセスによるデザインを容易にし、ゲームの質を向上させることができる。この記事では、まずErnest Adamsのゲームデザインにおける3つのステージであるコンセプト、エラボレーション、チューニング(概念、精緻化、調整)から取り上げ、それに4番目のステージであるアジャイル開発を加え、ゲームをよりユーザーフレンドリーにし、より良いプレイヤー体験を作り出すことについて解説している。

原文は英語だけになります

Vita, J. (2014). 共同クリエーターとしてのユーザー: プレイヤーを中心に据えたゲームデザイン. User Experience Magazine, 14(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/users-as-co-creators/?lang=ja

Comments are closed.