視覚的分析:データに含まれる理由を見出す

サイトへのアクセス数とクリック経路ぐらいしか示さない従来のウェブ分析というのは、あまり納得のいくものではない。従来の方法にクリック追跡のヒートマップ、セッションの再生、あるいはフォーム分析を追加することにより、研究者はユーザーの行動の背後にある理由を見出すことができる。ビジュアル分析ツールは、研究者が洞察を発見できるようにするばかりではなく、ウェブサイトにデータ駆動型の改善を加えることを支持する説得力ある議論を提供する。これらのツールは、低コストかつ実装が容易である。

原文は英語だけになります

Mozyrko, B. (2015). 視覚的分析:データに含まれる理由を見出す. User Experience Magazine, 15(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/visual-analytics/?lang=ja

One Response

  1. Michael Beasley より:

    This article argues that visualizing web analytics data answers the question of “why” users do what they do, in a way that either plain numbers and/or page-to-page path data do not. I must disagree: Neither kind of data actually reveal the “why” of user behavior. Rather, things like heatmaps and session recordings are just representations of plain, why-less data. You then write that visualizations help people digest large amounts of data. While true, I must also disagree: understanding large amounts of data still doesn’t solve the problem of “why,” as you suggest.

Leave a Reply