Articles by Brian Stanton

Brian Stanton obtained his master’s degree in Cognitive Psychology from Rensselaer Polytechnic Institute and is a cognitive scientist at the National Institute of Standards and Technology where he works on usability standards and investigates usability and security issues ranging from password rules and analysis, privacy concerns, and biometric projects.

クラウドのナビゲーション:ユーザビリティのフレームワーク

クラウドベースのアプリケーションの利用が増加するにつれ、ユーザビリティの専門家は、ユーザーのニーズをクラウドの実装プロセスに組み込むフレームワークを明確にする必要がある。 [続きを読む]

定性調査手法のパワー:サイバーセキュリティと信頼の追求におけるひらめきの瞬間

ある調査チームが、サイバーセキュリティに対するユーザーの認識や印象を研究する作業に、定性調査手法をどう取り込んでいくかを学ぶ。 [続きを読む]