Articles about インターフェイスデザイン

バリアブルフォント:タイポグラフィーの未来

バリアブルフォントが出現したことで、タイポグラフィーとユーザーエクスペリエンスの関係に対する我々の考え方も変わっていくことだろう。 [続きを読む]

デザインシステムの駆け引き:プロセスを通じてステークホルダーとUXチームによる継続的支援を得るために

デザインシステムには大掛かりな組織的取り組みが必要であるが、その推進者はここに示すヒントを実践に生かすことにより、賛同を勝ち取って将来の明確なビジョンを描くことができる。 [続きを読む]

ニールセンのヒューリスティック評価:原理と実践における限界

illustration of a checklist

ニールセンのヒューリスティック評価は、実際にテストする以外の方法をとる、標準的なユーザビリティ評価ツールの一つではあるが、変化するデザインの生態系には対応できていない。 [続きを読む]

ブラウズと検索の枠組みにとらわれない思考:ナビゲーションデザインを補足するビッグデータとアナリティクス

従来の静的なナビゲーションを向上させ、ユーザーが取得しようとしているコンテンツの種類を知的に予測するために、ビッグデータとデータ解析を利用しよう。 [続きを読む]

信頼の回復:セキュリティ侵害後の措置

セキュリティ侵害への対処法は、UXに影響を及ぼす。ホーム・デポ、ウェンディーズ、オムニ・ホテルが、セキュリティ侵害にどう対応したかについての3例のケーススタディは、問題発覚後に顧客の信頼を維持し回復する方法を示している。 [続きを読む]

ピアツーピアの募金サイト:効果を意図したデザイン

募金イベント用のウェブサイトのデザインでは、イベントにかかわりそれぞれが異なるニーズを持つ、多くの役割を考慮する必要がある。関係者間の関係と役割のもつれを解くことが、極めて重要な最初のステップである。 [続きを読む]

あなた自身の新たな声:デジタル・インターフェイスを通じたコミュニケーション

デジタル・インターフェイスはそれを作り出したクリエーターの延長であり、ユーザーは利用するたびにクリエーターの個性を認識するが、これこそは「人を中心としたデザイン」が必要とされる理由である。 [続きを読む]

(English) The Classy Classic: Designing the User Interface (Book Review)

book cover

(English) This updated edition of a text about designing user-interfaces is testament to the evolution of these and other related topics the past two decades. [続きを読む]