Articles about [:en]Book Review[:zh]书评[:KO]서평[:pt]Resenhas de livros[:ja]Book Review[:es]Reseñas de libros[:]

言葉がユーザーエクスペリエンスに与える影響(書評) Michelle Bence

『Writing is Designing』の書評。本書は、コンテンツがユーザーエクスペリエンスに及ぼす影響について説明し、コンテンツ作成のベストプラクティスを提示する一冊である。 [続きを読む]

(English) The Cost of Bad Design (Book Review)

(English) Tragic Design, by Jonathan Shariat and Cynthia Savard Saucier, reveals how design choices can negatively impact users and provides techniques to avoid harmful design decisions. [続きを読む]

HCIの歴史から学べること(書評)

Jonathan Grudin著『From Tool to Partner: The Evolution of Human-Computer Interaction』の書評。 [続きを読む]

UXリサーチャー諸君、現実の世界では注意せよ!(書評)

Steve Portigal著『Doorbells, Danger, and Dead Batteries: User Research War Stories』の書評。 [続きを読む]

その製品アイデアは本当に良いか?(書籍レビュー)

Tomer Sharon著『Validating Product Ideas』の書評。本書は、製品デザインを目的とするユーザー調査を実施する理由、時期、および方法についての手引書である。 [続きを読む]

Eye Tracking in User Experience Design(書評)

BergstromとSchallの著書『Eye Tracking in User Experience Design』の書評。いかにアイトラッキングを活用してさまざまな分野のユーザーエクスペリエンスを改善したかについて、専門家が語る。 [続きを読む]

Contextual Inquiry for Medical Device Design(書評)

Mary Beth Privitera著『 Contextual Inquiry for Medical Device Design』の書評。医療機器デザインにコンテクスチュアル・インクワイアリー(文脈調査)を応用するうえでのベストプラクティスとテクニックを学ぼう。 [続きを読む]

The Glass Cage:Automation and Us (書評)

Nicholas Carr著『Glass Cage』(ガラスの檻)の書評。世界中でさまざまなオートメーションが進むなかでも、デザイナーは「喜び」の消滅を阻止することができる。 [続きを読む]