Articles about プロトタイピング

メキシコの教育テクノロジー:ラテンアメリカの生徒を助ける新たなツールの開発

メキシコにおいて教育現場のための効果的なラーニングツールやテクノロジーをデザインするには、この地域特有の多様な文化的・経済的・政治的問題を理解することが必要である。 [続きを読む]

完成度の高いコンテンツ:より良いユーザーエクスペリエンスには言葉が重要となる

完成品に近いプロトタイプのための新しいツールをテストするには、同等の完成度の、本番さながらのコンテンツを使うことが不可欠である。 [続きを読む]

機能の見せ掛け:接続されたモバイルプロトタイプの探索とテスト

インタラクティブなモバイル製品の探索には、リアルなインタラクションが必要である。機能とコネクティビティを見せ掛けることは、初期コンセプトをテストするのに十分なほど、ウェアラブルを本物らしく見せるのに役立つ。 [続きを読む]

(English) Get it RITE: Rapid Iterative Testing and Evaluation (RITE)

screencap

(English) With RITE, UX teams examine interface alternatives in a short time, evolving a more usable final design more quickly than with traditional usability testing methods. [続きを読む]

ブレインスケッチング: 協同的インタラクションデザイン

Sketchpads on table

ブレインスケッチングは、グループでインターフェースのコンセプトを作成する際にそれぞれのアイデアを基盤として積み重ねていき、皆でひとつにまとめ上げていく迅速なスケッチング作業で、他者と共同作業する上で効果的な方法である。 [続きを読む]

ブラウザー内でのデザイン:敏感に反応するデザイン(レスポンシブデザイン)への効果的なコース

Sketch for a web page

「ブラウザー内でのデザイン」は、様々なディスプレイサイズのレンダリングを目的とする反応プロトタイプをデザイナーが効率よく作成し、それに変更を加えることを可能にする。 [続きを読む]

ゲーマー向けでないゲームのデザイン:デザイン方法としてのラピッドプロトタイピング

screencap of game

ビデオゲームは、デザインされた体験へとユーザを魅了し、他の媒体では不可能なバーチャルな世界とのインタラクションを可能にする。 [続きを読む]