Articles about 条件

UXチームの構築:唯一不変なるものは変化なり!

UXチームの構築は道程であって、最終目的地ではない。成功するためには、確かなビジョンと詳細な能力計画、トレーニング、そしてチーム作りが必要である。 [続きを読む]

UXマネージャーになるにあたって:新たなスキル、要件、恩恵

UXマネジメントの任務に就くにあたっては、その新しい仕事が与えてくれるチャンスや課題を理解しておくことがためになる。 [続きを読む]

リモートデザイン・チーム:コラボレーションのためのクラウドベース・ツールの利用法

適切な戦略とツールがあれば、散在するデザインチームでも効果的なコミュニケーションとクリエイティブな協力体制を維持することができる。 [続きを読む]

チェンジエージェントになる:UXが脅威として認識されるとき

組織の中の一部の人々にとって、UXは本質的に脅威であるがゆえに、チェンジ・マネジメントに関わるあらゆる課題がUXの課題となる。 [続きを読む]

言い回し:UX言語の駆け引き

コラボレーションを成功させるための第一歩は期待する成果を明確にすることだが、明確な成果を設定するには共通の言語が必要である。 [続きを読む]

組織化された交渉により協力を育む(書評)

Lainey Feingold著『Structured Negotiation』の書評。対立ではなく、協力に基づいて論争を解決するためのアプローチ。 [続きを読む]

もう一方の仕事:プロジェクトの構築

デザインを現実化するには、賛同を得ることに加えて、あなたのデザインを実行に移すために人を動かせる「人に対するソフトスキル」が必要不可欠である。 [続きを読む]

定性調査手法のパワー:サイバーセキュリティと信頼の追求におけるひらめきの瞬間

ある調査チームが、サイバーセキュリティに対するユーザーの認識や印象を研究する作業に、定性調査手法をどう取り込んでいくかを学ぶ。 [続きを読む]

徹底的に、幅広く、そして深く考える:中国におけるUXデザイナーの育成

倫理的で人間的な製品を生み出すために、ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナーは3つの重要な能力――すなわち、徹底的に考える、幅広く考える、深く考える――を備えていなければならない。 [続きを読む]

大規模なデザイン:デザインコミュニティの構築

英国政府デジタルサービスの拡大を背景に、政府サイトのデザイナーとマネージャーらを対象として行われた内部ユーザビリティテストで、パターンを集めたライブラリ以上のものが必要とされていることがわかった。 [続きを読む]

ステップアップ:企業における UX

現代の企業向けソフトウェア・プロジェクトには、アップストリームとダウンストリームの両方の UX サービスが必要である。ソフトウェア自体についてのより従来的な作業の前に、まずは調査、アーキテクチャ、戦略といった課題に取り組まなければならない。 [続きを読む]

次世代のUXチームの構築:ジェネラリスト育成のための戦略

Artistic words: Broad knowledge

アジャイル開発が台頭するようになり、ユーザエクスペリエンスのジェネラリストが復帰するための状況が整ってきたといえる。(全文記事は英語とスペイン語で記載) [続きを読む]

ブラジル産業界へのユーザー中心のデザインの導入:課題と見返り

企業組織でのUXの成熟度が低いブラジルでは、ユーザー中心のデザインはチャレンジであろう。チームは、ユーザー中心のデザインに対する経営陣の反発を乗り越えながら、文化的な考慮事項に取り組む必要がある。 [続きを読む]

KJの方法:短時間で優先事項を設定する

Post-it notes on a wall

製品またはチームの優先事項を設定する必要がある場合、KJ手法を用いることにより1時間ほどでその作業を完了することができる。 [続きを読む]

正確な構築を!UXデザイナーとデベロッパーのギャップを埋める

Three faces

チームを調整することにより、顧客のために最高のユーザーエクスペリエンスを作り上げるための、デザイナーとデベロッパー間のより良いコミュニケーションを計画・促進することができる。 [続きを読む]

フィットするキャリア: 完璧なガラスの靴を求めて

Woman trying on shoes.

スタートアップ企業で働くことはUXのプロにとってたやすいことではない。社員が協力して共有ユーザーエクスペリエンスを作り上げ、維持する事例を紹介する。 [続きを読む]

知識の架け橋からの眺め:融合とマッシュアップ (注) のナビゲート (注 マッシュアップとは、複数の曲のヴォーカルトラックや演奏トラックを取り出して合成すること)

Two screen shots

専門分野を超えるコラボレーションでは、翻訳、説明、報知を行うために「知識の架け橋」を必要とすることが頻繁にある。印刷版/デジタル版による2つの発行プロジェクトは、この架け橋を築き、より良いものを作り上げる。 [続きを読む]

ビデオ会議:距離の問題を克服する

Telepresence computer system

Googleチーム内のリモート・コラボレーションの研究から、ユビキタスなビデオ会議が、地理的に散在するチームが直面する課題を克服するのに役立っていることが分かった。 [続きを読む]

陪審員は評決に達したか?:UXの法廷によるアナロジー

Diagram of circular rings

12世紀から続く規律ある真実探求の理念、すなわち裁判所からコラボレーションが利益を得る方法とは何だろうか。この記事では、UXをデザインの被告および検察として据えている。 [続きを読む]

ロスト・イン・トランスレーション:国境を超えたデザインの機微を伝達する

チームのプロセス、行動、スケジュールの変更により、デザインの機微を失うことなく、異なる場所に存在するチーム間のコミュニケーションを向上することができる。 [続きを読む]

グローバルデザインチーム:分散型チームを効果的に管理する

Globe

UXチームが世界各地に散在している場合、デザインマネージャーとチームメンバーは、こうした分散型のチームが抱える課題に対応できなければならない。 [続きを読む]

研究オブザーバーの参加:ユーザ調査で見落とされがちなステップ

Sign for observers to stay quiet with cartoon face

ユーザビリティ活動においては、オブザーバーの参加が重要な要素である。事前のちょっとした下準備によって、オブザーバーの効果的な参加が可能になる。 [続きを読む]

UXデザインのアジャイルソフトウェア開発への統合

Photo of Jeff Gotelf

UXがJeff Gothel氏に、UXデザインのアジャイルソフトウェア開発への統合に取り組むリーダーとしての経験を話してくれるようにお願いしたところ、UXデザインテクニックをアジャイルソフトウェア開発に統合し、その結果として起こったプロセスマネージャーとチームリーダーとしての彼の役割の進化から彼が学んだ教訓の数々を提供してくれた。 [続きを読む]

切り札はこれ:UXチームにおける開発者

UXチームに開発者を加えると、調査への取り組みの条件を変えることができ、スケジュールや優先順位の問題を一括して避けられる [続きを読む]

(English) The ELMER Experience: A Standard for Government Forms

(English) There is a comprehensive set of principles and specifications for usability in internet forms called ELMER. [続きを読む]

(English) Creating a Global Team and a Global Infrastructure

(English) With events across forty countries and five continents, outstanding media coverage, and feedback from organizers and volunteers, World Usability Day 2006 were deemed a huge success. [続きを読む]