Articles about 倫理

信頼を伴う実用:デザイナーのためのツールキット

Are designers the key to closing the trust gap? They might be. This article showcases the practicalities of how. [続きを読む]

より良い未来を築く方法(書評)

Book cover of Future Ethics

Cennydd Bowles著『Future Ethics』(仮訳:未来の倫理)の書評。現代のテクノロジー環境でうまくやっていくために、倫理理論をどう活用すべきか? [続きを読む]

UXデザインにおける倫理フレームワークに向けて 第2部

Generic patient health record

Ethical issues, surprisingly caused by benevolent intent, are often left unnoticed in UX design. Conscious awareness is the primary step in tackling these pressing issues. [続きを読む]

UXデザインのための倫理フレームワークの構築

UXデザインにおけるさまざまな倫理的問題の編集と分類について扱う。 [続きを読む]

UXデザインにおける倫理規範の策定:建築分野から学べるもの

an Infographic showing the features of a UX-specific Ethical Standard.

建築におけるイニシアチブとは、建物の設計によって人間の心身の健康を最大化することである。本記事では、これらのモデルをUX分野での倫理的デザイン方法に転換する方法を見ていく。 [続きを読む]

責任あるデザイン:不確実性と不安の軽減に向けた取り組み

責任あるUXデザインとは、「デザインが不確実性や不安といった社会的感情を悪化させる場合もある」ということを認識し、エンドユーザーを保護しながらビジネス目標を達成するための解決方法を見つけ出すようなデザインである。 [続きを読む]

ビッグデータUX:リサーチの機会と倫理的課題

UX専門家は、大規模なサンプルを用いた新しいリサーチツールにおいてユーザーの参加状況のビデオを使用する際、倫理的課題に正しく対処するための門番の役割を担うことができる。 [続きを読む]

デザインに対するフィードバックの改善:匿名化したユーザー調査

匿名性は、ユーザー調査の品質に影響する。匿名性を徹底させるには、プライバシー関連の目標を設定し、調査参加者の特定につながる個人情報の開示に関するベストプラクティスに従うと良い。 [続きを読む]

徹底的に、幅広く、そして深く考える:中国におけるUXデザイナーの育成

倫理的で人間的な製品を生み出すために、ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナーは3つの重要な能力――すなわち、徹底的に考える、幅広く考える、深く考える――を備えていなければならない。 [続きを読む]

説得力のあるデザイン:UX が悪になる時

UX が悪に変わるのは、人々を巧みに操って余計な金を使わせるために「人間の行動」が利用される時である。 [続きを読む]

このユーザビリティの調査を行うべきか?評価における倫理的配慮

Hand wearing a brace using a switch control

ユーザーエクスペリエンスの評価を行うことが非倫理的となる状況の種類とは? [続きを読む]

未成年によるテスティング:UXのプロのためのリスク回避

(English) When conducting testing with children, full disclosure and reasonable procedures are your best defense against potential legal complications. [続きを読む]