Articles about ユーザー中心設計

(English) Creating and Implementing a Scorecard System to Increase Organizational User Experience Maturity

A group of musicians giving a concert on stage, including a piano player, drummer, and stand-up bass.

(English) In this article, the author walks through the process they used to build and roll out a user-centric scorecard to help teams increase UX maturity. [続きを読む]

(English) Can Voice-Driven Virtual Assistants Help Eliminate Physician Burnout?

Photo of a physician in an examining room recording patient information on a tablet; there is a subset screenshot of a medical record with a microphone symbol.

(English) Cumbersome medical software is a leading cause in physician dissatisfaction and burnout. But that story could change if physicians had a voice-driven virtual medical assistant. [続きを読む]

(English) Human-to-Human Interaction Style in Voice User Interface Design

(English) Voice-enabled devices are gaining the ability to mimic human-to-human interactions fairly well. This article outlines some general guidelines to consider when designing voice user interfaces. [続きを読む]

(English) Designing Great Voice User Interfaces—More than Creating Good Conversations

Figure 1. Voice user interfaces in our everyday devices.

(English) Interactive voice responses (IVR) have been becoming ubiquitous in customer support call centers since the early 2000s. But designing for these conversational experiences presents unique challenges compared to traditional graphical user interfaces. To help readers navigate this emerging space, the authors share a case study in researching and designing for the IBM Technical Support Phone System. [続きを読む]

(English) Empathy on a Many-to-One Basis: Navigating Empathy When You Cannot Agree with Everyone

(English) In this article, Angela Madsen breaks apart the construct of empathy as a one-to-one or one-to-many ratio, and she proposes a paradigm shift that incorporates many-to-one thinking. [続きを読む]

ARのUX:人間中心の拡張現実の定義に向けて

拡張現実(AR)環境においては、ユーザーエクスペリエンスよりもテクノロジーが優先されがちであるが、ARについての会話の中で、我々はUXをもっと大きく取り上げる必要がある。 [続きを読む]

デザイン思考とSAFe® によるアジャイル開発:USAAにおけるHCD

USAAは、メンバーに提供するデジタルエクスペリエンスを向上させるために、従来からのIT主導型アジャイル手法にデザイン思考の原則を取り入れようとしている。 [続きを読む]

酒の力:上昇する酔っぱらいユーザーテストの人気

パーティームードの中で実施されるユーザー調査の人気が高まってきているが、これには倫理的なリスクと方法論的な懸念が伴う。 [続きを読む]

遊び心のあるインターフェイス:子供向けインタラクティブ体験のデザイン

子供の認知・身体能力の特性が、子供とタッチスクリーンとのインタラクションにどう影響するか――これを学ぶことにより、デザイナーはあらゆる年齢や識字能力の対象者のために、楽しく快適な体験を創出することができるようになる。 [続きを読む]

クラウドのナビゲーション:ユーザビリティのフレームワーク

クラウドベースのアプリケーションの利用が増加するにつれ、ユーザビリティの専門家は、ユーザーのニーズをクラウドの実装プロセスに組み込むフレームワークを明確にする必要がある。 [続きを読む]

その製品アイデアは本当に良いか?(書籍レビュー)

Tomer Sharon著『Validating Product Ideas』の書評。本書は、製品デザインを目的とするユーザー調査を実施する理由、時期、および方法についての手引書である。 [続きを読む]

ユーザー調査を覆す(書評)

Charles LambdinおよびLeo Frishberg共著『Presumptive Design』の書評。 仮定を活用してデザインソリューションを生み出すためのガイド。 [続きを読む]

イノベーションとUX:適応可能かつ動機付けに基づくUXアプローチに向けて

製品デザインにおいては、新たな特長や標準的な測定方法による漸進的イノベーションが重視されやすい。感情的に深いつながりを築く製品を生み出すには、機能面だけでなく、その象徴的な意味をも考慮する必要がある。 [続きを読む]

人を惹き付ける体験づくりは、先ずストーリーから(書評)

Donna Lichaw著『The User’s Journey: Storymapping Products that People Love』の書評。本書は、人を惹き付ける体験の創出に役立つフレームワークを分かりやすく解説した、デザイナーのための手引書である。 [続きを読む]

使命を満たす:コンテンツ戦略へのユーザー重視のアプローチ

十分に練られたコンテンツ戦略は、コンテンツ開発およびコンテンツ配信の手引きとして、また組織をより大きな目標にコミットさせる手段としての役割を果たす。 [続きを読む]

徹底的に、幅広く、そして深く考える:中国におけるUXデザイナーの育成

倫理的で人間的な製品を生み出すために、ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナーは3つの重要な能力――すなわち、徹底的に考える、幅広く考える、深く考える――を備えていなければならない。 [続きを読む]

欠乏感:デザイン向上を探求するために「制約」に注目する

欠乏感という概念に注目することにより、新たな観点からのユーザーの理解、ニーズに合わせたデザイン、およびユーザーのリソースの最良の活用方法が見出される。 [続きを読む]

万人向けのオンラインバンキング:高齢化する利用者のためのデザイン

高齢者またはコンピューター経験の浅い人々を対象とするデザインには、ウェブサイトの機能の厳密な定義、明確なワークフロー、そして利用者の気を散らすものを極力除いたページのデザインが求められる。 [続きを読む]

openFDA:ユーザー中心のデザインとオープンデータを公共のために役立てる方法

「親密なパートナーからの暴力」(Intimate Partner Violence、IPV)を扱う非営利団体のウェブサイトのデザインには、暴力に直面する人々の安全を守るために、多くの特別な配慮が求められる。 [続きを読む]

UX 戦略:一時的な流行? それとも新世界秩序?

「良いデザインは良いビジネス」であることを認める会社の経営幹部が増えてきているが、UX はついに「戦略」となったのだろうか?UX の専門家は時代の寵児になれるのだろうか? [続きを読む]

共同クリエーターとしてのユーザー: プレイヤーを中心に据えたゲームデザイン

Hands holding game controller

アジャイル開発に適したゲームデザインのプロセスをどのようにしてユーザーを中心としたものにし、プレイヤーからのフィードバックや実際のユーザーからの意見を取り入れるかを検討する。 [続きを読む]

非営利体験のデザイン:UXツールキットの構築

非営利UXは営利目的のデザインとは異なるが、どちらもテクニックを交換し合うことで恩恵を受けられる。「反対側」が行っていることを垣間見ることで、自分たちのツールキットに加えられる新たな手法が得られる。 [続きを読む]

将来有望な明日の技術: 老齢人口のためのUX

支援技術を設計するにあたり、最新の研究を分析して年配者のニーズを考えるための評価指標、もしくは調査方法の枠組みが作られた。 [続きを読む]

あなた自身の新たな声:デジタル・インターフェイスを通じたコミュニケーション

デジタル・インターフェイスはそれを作り出したクリエーターの延長であり、ユーザーは利用するたびにクリエーターの個性を認識するが、これこそは「人を中心としたデザイン」が必要とされる理由である。 [続きを読む]

ポーランド最大のイントラネット:設計上の課題とソリューション

ポーランド最大のエネルギー生産会社のイントラネットを作成するためにUCD(ユーザー中心設計)プロセスが使用されたが、その成功の鍵となったのは、ユーザー調査とコンテンツの優先順位付けであった。 [続きを読む]

ブラジル産業界へのユーザー中心のデザインの導入:課題と見返り

企業組織でのUXの成熟度が低いブラジルでは、ユーザー中心のデザインはチャレンジであろう。チームは、ユーザー中心のデザインに対する経営陣の反発を乗り越えながら、文化的な考慮事項に取り組む必要がある。 [続きを読む]

ペルー・リマにおけるデザイン・ワークショップ:クリエイティブ・プロセスを教える

Small group working around a table.

マサチューセッツ工科大学(MIT)のUX研究者グループが、ペルー・リマのクリエイティブ業界からの参加者のために、UXデザイン・ワークショップを開催した。これらの研究者は、調査、アイデア獲得、コンセプト開発、改良のための重要なテクニックを紹介した。 [続きを読む]

ウェブサイトのローカリゼーション:3つの基本原則

あらゆる言語、文化、場所のユーザーに対応するウェブサイトのデザイン方法を学ぼう。ウェブデザインのたった3つの基本原則を活用する ことにより、ウェブサイトを「ローカライズ」することができる。 [続きを読む]

医療におけるユーザビリティ:「重篤」な問題

医療向けUXデザインには、利用状況の考慮が不可欠である。ユーザーエクスペリエンスを正しく考慮せずにデザインされたために、多くの電子医療記録はユーザビリティを欠くことになっている。 [続きを読む]

病院の構内標識:電子キオスクによる経路の表示

病院のデザインは人間工学上の課題である。わかりやすい標識は、大規模病院で患者が行き先を探すのに役立つ。 [続きを読む]

(English) Usability Maturity Models: Making your Company User-Centered

flowchart

(English) A well-documented and researched usability maturity assessment, addressing different organizational viewpoints, is a good first step in improving usability capability. [続きを読む]

(English) The Classy Classic: Designing the User Interface (Book Review)

book cover

(English) This updated edition of a text about designing user-interfaces is testament to the evolution of these and other related topics the past two decades. [続きを読む]

(English) Forms Management: What Forms Managers Think About

(English) To create really good electronic forms, as with paper forms, you need to consult with all parties to assess fully their needs. [続きを読む]

(English) Designing Spaces for Dementia: An Interview with Terry Carson

(English) An interview with Terry Carson, the owner of residential facilities for people with dementia and Alzheimer's disease. [続きを読む]

(English) Lost in Space: Holistic wayfinding design in public spaces

(English) Wayfinding design, a combination of signage with spatial structures, must be a collaboration between urban planners, urban/architectural designers, and visual communication designers. [続きを読む]

(English) Resuscitating the User Experience: A Touchscreen Systemfor EMS and Fire Rescue Professionals

(English) When updating a touchscreen medical record program, a user-centered design process fixed a number of critical usability issues and resulted in a user experience and financial success. [続きを読む]