Articles about 異文化間の

デジタル翻訳の改善に向けて:多言語コミュニケーターから得られる調査結果

多言語コミュニケーターがコンテンツの翻訳に用いるプロセスを理解することにより、将来的なデジタル翻訳ツールのUXデザインに役立つ情報を得ることができる。 [続きを読む]

より「貴重な」ユーザーをめぐる中国版追いかけっこ

Weibo (ウェイボー)、Alibaba (アリババ)、XiaoMi (シャオミー) といった中国のテクノロジー会社は、顧客ベースをファンベースへと転換してビジネスの成長を図るためにUXを活用している。 [続きを読む]

文化の枠を超えたコラボレーション:日本におけるUX研究のデザイン

グローバルリサーチをデザインするにあたっては、文化の相違に対して敏感であることが要求される。国際的なクライアントとの提携機会も多い東京のリサーチャーたちが、日本におけるUX研究のコツを教えてくれる。 [続きを読む]

ビッグデータによるユーザー行動の追跡:ユーザーエクスペリエンスにおける弱点の検知モデル

戦略的な量的トラッキングと質的フォローアップの組み合わせにより、製品に内在する問題――すなわち、ビジネスやユーザーエクスペリエンスに重要な影響をもたらす問題――を明らかにすることができる。 [続きを読む]

長期指向の文化圏におけるサービスデザイン:「あっ、やばい」的状況への対処法

欧米諸国とアジア諸国との間の文化の違いは、サービスの不具合を顧客がどう受け止めるかに影響することがある。これらの相違を理解することで、ビジネスに大きなインパクトを与えることができるかもしれない。 [続きを読む]

なぜ?と問い続けよう:アジアにおける好奇心、そして違いを知る喜び

コンテクストへの新しい手掛かりを常に知りたがり、渇望し続けることは、UXデザイナーがユーザーに共感を抱き、個人のニーズや願望に対応する直観的ソリューションを生み出すのに役立つ。 [続きを読む]

記憶のモノポリー:認知症を患う高齢者のためのリハビリ改善ゲーム

台湾のリサーチャーらが、世界中で増え続ける認知症およびアルツハイマー病患者のリハビリを補助するために、治療活動用ソフトを開発した。 [続きを読む]

ナルキッソスにならないために:意外な場所でのインスピレーションの発見(書評)

Book cover

Gary Marsden 著 『There’s Not An App for That』(そのためのアプリはない)の書評。自分のデザイン方法やそれをどう変えていくかについて、深く考えてみよう。 [続きを読む]

ファンと共同で行うイノベーション:ソーシャルゲームとテクノロジーのデザイン

新しい製品というものは、ユーザーの専門知識とデザイナーのソリューションに関する専門知識とが結び付くときに生まれやすい。LINE(ライン)やPokémon Go(ポケモン・ゴー)のようなソーシャルゲームでは、つながったファン・コミュニティのイノベーションに対するパワーが発揮される。 [続きを読む]

新興国市場向けのモバイルアプリ:2億1,500万人にリーチする

2億1,500万人の人々が、60以上の言語を使用する新興国市場に向けてモバイルアプリのデザインをする場合には、デザイン、テクノロジー、ユーザーエクスペリエンス、シンプルさのバランスが求められる。 [続きを読む]

予想もしていないことに備えよ:グローバルリサーチ実施上のティップス

グローバルリサーチは、ともすればリサーチャやステークホルダーの仮定に反するような、固有のロジスティックに関するもの、または文化的な課題を引き起こす。プロジェクトを成功させるには、偏見を持つことなく準備を整えて臨むことがポイントとなる。 [続きを読む]

知覚の測定:知覚品質という課題に取り組む

Radar chart

ユーザーの知覚を測定するというのは、困難な課題である。知覚品質テストは、行動や態度を観察することにより、研究者がユーザーの知覚を定量化するのに役立つ。 [続きを読む]

文化を超える10の方法:ユーザーの選択を容易にする

意思決定を支える文化的な手がかりを理解することで、サイトをより使いやすいものにすることができる。 [続きを読む]

ラテンアメリカにおけるUXリサーチ:すべきこと、してはならないこと

ブラジル、コロンビア、メキシコにおける効果的なUXリサーチの実施方法を学び、スクリーニング、翻訳、フィールド調査、観察、およびインターフェイスのデザインに関するティップスを習得しよう。 [続きを読む]

ウェブサイトのローカリゼーション:3つの基本原則

あらゆる言語、文化、場所のユーザーに対応するウェブサイトのデザイン方法を学ぼう。ウェブデザインのたった3つの基本原則を活用する ことにより、ウェブサイトを「ローカライズ」することができる。 [続きを読む]

文化的な嗜好:ウェブにおけるメキシコ系アメリカ人

複数の民族グループを対象とする場合、特効薬的なソリューションというものは存在しない。米国のラテン系サブグループが皆同じウェブサイトを使用することもなければ、同じ文化的な圧力に遭遇することもない。 [続きを読む]

文化的コンテキストとUXオムニチャネル調査:サンパウロでのモバイルウォレット調査から得た洞察

オムニチャネル戦略では、文化的コンテキストを考慮することは必須である。ブラジルにおける携帯電話の公共での使用における安全性に対する懸念が、モバイルウォレット導入にどう影響したかについて学ぶ。 [続きを読む]

得られた教訓:地域に向けたコラボレーション・スペースのデザイン

ラテンアメリカの30カ国にわたるプロジェクトのためのコラボレーション・スペースの作成と、組織が学んだ「強固なUXプロセス」の必要性についての教訓。 [続きを読む]

スペイン語使用者のペルソナ:医療用ウェブサイトデザインの報告

スペイン語使用者のペルソナ研究から、米国在住のラテン系の人は、あらゆる種類の医療情報ウェブサイトに共通の、文化および言語に関するユーザー・ニーズを持つことが示されている。 [続きを読む]

ヘルスケア情報における言語障壁:バイリンガルユーザとのコミュニケーション

米国国立がん研究所(NCI)では2009年に、ラテンアメリカ系アメリカ人グループなど十分にヘルスケアサービスの恩恵を受けていない人々、およびサービスを提供する側であるヘルスケアの専門家における、オンライン上のヘルスケア情報のニーズについて理解する目的で、ユーザ調査を行った。我々は、包括的なアプローチを用いて、カリフォルニア州ロサンゼルスで、様々なレベルの文化変容の程度を持つラテンアメリカ系アメリカ人の医療関係者を募集するため、バイリンガルで双方の文化に詳しい現場スタッフのいるリクルート会社を利用した。 [続きを読む]

(English) ¿Habla Español?: Testing and Designing for U.S. Latino Users

(English) This article discusses a series of cross-cultural usability studies run with Spanish speaking immigrants to the U.S., looking in particular at their special characteristics and challenges. [続きを読む]