Articles about コンテンツとコンテンツ戦略

未来志向のデザイン:あらゆるユーザーインターフェイスのためのモデリング構成

前もって未来志向のコンテンツをデザインしておくことは、あらゆるデバイス、発行プラットフォーム、そして今後登場するコンテンツの販売方法において有用となるコンテンツ作りの強固な基盤を作ることになる。 [続きを読む]

問題の傍観を止める:コンテンツ戦略への着手の足掛かりを得る

適切なコンテンツ戦略と、まとまりのある顧客向けの説明を作成するため、実際のユーザーニーズの理解を取り込んだ有効なコンテンツプランニングプロセスを導入する。 [続きを読む]

使命を満たす:コンテンツ戦略へのユーザー重視のアプローチ

十分に練られたコンテンツ戦略は、コンテンツ開発およびコンテンツ配信の手引きとして、また組織をより大きな目標にコミットさせる手段としての役割を果たす。 [続きを読む]

大学環境におけるUXの提唱:幾多の利害関係者に対する戦略と計画

大学のウェブサイトのデザインは、多くの複雑な課題を提示する。内部および外部ユーザーの特定を系統立てて行うこと、そして運営・戦術・戦略上の考慮事項を理解することは必須である。 [続きを読む]

完成度の高いコンテンツ:より良いユーザーエクスペリエンスには言葉が重要となる

完成品に近いプロトタイプのための新しいツールをテストするには、同等の完成度の、本番さながらのコンテンツを使うことが不可欠である。 [続きを読む]

何を書くか:ユーザーのニーズに基づくコミュニケーション

人が文書を読む6つの理由、そしてユーザーのニーズとモチベーションによって筆者の執筆のスタイルがいかに変化するか。 [続きを読む]

ピアツーピアの募金サイト:効果を意図したデザイン

募金イベント用のウェブサイトのデザインでは、イベントにかかわりそれぞれが異なるニーズを持つ、多くの役割を考慮する必要がある。関係者間の関係と役割のもつれを解くことが、極めて重要な最初のステップである。 [続きを読む]

コンテンツのギャップを埋める:優れたウェブコンテンツを作成するためのモチベーションを高める10の方法

circle of people working around computer on floor

この記事では、コンテンツ作成者が高品質のコンテンツを作成できるようにするための10のヒントを紹介している。正しいプランとアプローチがあれば、コンテンツ作成者がプロジェクトに遅れることはない。 [続きを読む]

言葉は忘れて (書籍レビュー)

Book Cover

Janice (Ginny) Redish著、『Letting Go of the Words: Writing Web Content that Works (第2版)』(言葉は忘れて:上手くいくウェブコンテンツのライティング)の書評。この画期的な書籍でRedish氏は、コンテントマネジメント、明確な文章、ユーザビリティテスト、役立つ事例、ケーススタディ、ストーリーを交えて、解説している。 [続きを読む]

ユーザ作成コンテンツと今後の課題:新しいタイプのコミュニケーション

ユーザ作成コンテンツ(UGC)が2005年以降になってはじめて主流になった比較的新しい現象であるということは実に信じがたい。 [続きを読む]

(English) What’s News: Simplifying Web Design and Management

(English) Platformic is making breakthroughs in web management usability, thanks to its ability to develop CSS without needing a programmer or web design software. [続きを読む]

(English) What’s News: Lassoing the Web

(English) A product called Twine, currently in beta testing, aims to help users keep track of online information and make them available for easy retrieval and sharing. [続きを読む]