Articles about コラボレーション

(English) Five Years of UX Research Operations Improvements at Novo Nordisk: A Retrospective Reflection

Two researchers place various physical tools near

(English) Over the past five years, Novo Nordisk has systematically iterated and improved on their UX research processes, increasing the design influence on product development. [続きを読む]

AUX3:アジャイルを伴うUXトラックの作成

A process diagram of dual track agile/UX work cycles.

The AUX3 model (Agile UX with 3 Tracks) proposes a framework for fitting the user experience cycle into the Agile process. [続きを読む]

ギルドの構築:UXチームをスーパーヒーローの地位に押し上げよう

A round, badge-like image with the words: “veracode” and “UX Guild.

UX Guilds can be an effective model to scale UX by empowering non-UX team members to make appropriate design decisions. [続きを読む]

エクスペリエンス・ブリーフ:チームが目指す方向性を一貫させ続けるための奥の手

プロジェクトチームの集中力を維持するためのエクスペリエンス・ブリーフの偉力について学び、自身が使うテンプレートを持つことで実践に備える。 [続きを読む]

組織への切り込み:他分野からの教訓を生かし、最高のUX実現へ

本記事では、ユーザー中心のデザインプラクティスへの経営幹部の賛同を勝ち取るために、UX分野が製品管理やエンジニアリングといった他分野から学べる教訓をいくつか紹介する。 [続きを読む]

アジャイルなリモートチーム

アジャイル手法、UXプラクティス、そしてリモートワークという要素を組み合わせることは不可能だという考えもあるが、十分な配慮をもって管理すればこれらすべてを上手く行うことも可能である。 [続きを読む]

リモートデザイン・チーム:コラボレーションのためのクラウドベース・ツールの利用法

適切な戦略とツールがあれば、散在するデザインチームでも効果的なコミュニケーションとクリエイティブな協力体制を維持することができる。 [続きを読む]

リモートフレンドリーなユーザーエクスペリエンス:最も優秀な人材を採用し、維持する方法

リモートフレンドリーな会社は、地域的な障壁を克服することにより最高のUX人材を惹きつけ、生産性とワーク・ライフ・バランスを高めることができる。 [続きを読む]

UXデザイン手法の選択:小さなUXデータをビッグに

どのUXデザイン手法を用いてプロジェクトを進めるか決定することは、いつもそう簡単なわけではない。実証的データに基づいてより良いツールを開発することで、その決定が容易になる。 [続きを読む]

UX人材のパイプライン構築:業界と学界のコラボレーション

UX実践者に対する需要の高まりによって、学術機関と業界は、研究、UXのプロ化、そしてUX分野の紹介や人材トレーニングを提供する教育を融合させられるような、画期的な方法の発見に駆り立てられている。 [続きを読む]

効果と効率:UXとデザインレビューの実施

効果的か効率的なデザインレビューを、自分たちの組織で実施しよう。この手法は、それぞれ的を絞った3回のレビューで構成される。 [続きを読む]

定性調査手法のパワー:サイバーセキュリティと信頼の追求におけるひらめきの瞬間

ある調査チームが、サイバーセキュリティに対するユーザーの認識や印象を研究する作業に、定性調査手法をどう取り込んでいくかを学ぶ。 [続きを読む]

ケーススタディ:美術館の経営課題を解決する

「来館者」の経験を理解するためにコンテキスト調査法を応用することで、美術館が直面する課題の解決に役立った。 [続きを読む]

イノベーションの結び目:製品を成功させる10のルール

このイノべーションの10のルールは、人々が使いたがり、日常的な必需品として受け入れるような製品をデザインするために、チームが協同作業を行うのに役立つ。 [続きを読む]

移動の解明:シアトルで公共交通機関の利用者の体験を向上

定量調査、現地調査、そしてテストルームでのユーザビリティ調査は、効率的に人を移動させ、交通量を抑制し、都市部の渋滞を緩和するというこのUCDのプロジェクトに役立った。 [続きを読む]

革新的な製品にはかつてないコラボレーションが必要(書評)

Book cover

(English) A review of The New ABCs of Research: Achieving Breakthrough Collaboration by Ben Shneiderman. A fresh look at how teams and innovation work together. [続きを読む]

大学環境におけるUXの提唱:幾多の利害関係者に対する戦略と計画

大学のウェブサイトのデザインは、多くの複雑な課題を提示する。内部および外部ユーザーの特定を系統立てて行うこと、そして運営・戦術・戦略上の考慮事項を理解することは必須である。 [続きを読む]

キラーロボットと人文学:学際的な UX プログラムの構築

次世代のテクノロジー専門家は、デジタル体験の有能な設計者となるために、コミュニケーション、倫理、歴史、さらには文学の知識さえも身に着けなければならない。 [続きを読む]

論理的思考力を用いる:ロジックのモードに合わせた調査方法

調査方法には帰納法(一般化)や演繹法(選択肢の絞り込み)があるが、2 つ以上の方法を組み合わせることは、仮説的思考を築いたり、新しいアイデアを生み出したりするのに役立つ。 [続きを読む]

学習から行動へ:2015 GIANT カンファレンスのテーマ

誰もがデザイナーであり、エキスパートは 1 人もいない。我々は皆、完璧なデザイナーになるのではなく、より良いデザイナーになることを目指すべきである。2015 GIANT カンファレンスの要点をまとめてみよう。 [続きを読む]

UXオンサイトインタビュー:デザイン学校では学べないこと

Calendar showing date for interview

UXデザイン分野の就職希望者は、筆記試験では十分であっても、オンサイトインタビュー(会社での面接)で苦しむことが多いようだ。 [続きを読む]

共同クリエーターとしてのユーザー: プレイヤーを中心に据えたゲームデザイン

Hands holding game controller

アジャイル開発に適したゲームデザインのプロセスをどのようにしてユーザーを中心としたものにし、プレイヤーからのフィードバックや実際のユーザーからの意見を取り入れるかを検討する。 [続きを読む]

ペルー・リマにおけるデザイン・ワークショップ:クリエイティブ・プロセスを教える

Small group working around a table.

マサチューセッツ工科大学(MIT)のUX研究者グループが、ペルー・リマのクリエイティブ業界からの参加者のために、UXデザイン・ワークショップを開催した。これらの研究者は、調査、アイデア獲得、コンセプト開発、改良のための重要なテクニックを紹介した。 [続きを読む]

得られた教訓:地域に向けたコラボレーション・スペースのデザイン

ラテンアメリカの30カ国にわたるプロジェクトのためのコラボレーション・スペースの作成と、組織が学んだ「強固なUXプロセス」の必要性についての教訓。 [続きを読む]

ブレインスケッチング: 協同的インタラクションデザイン

Sketchpads on table

ブレインスケッチングは、グループでインターフェースのコンセプトを作成する際にそれぞれのアイデアを基盤として積み重ねていき、皆でひとつにまとめ上げていく迅速なスケッチング作業で、他者と共同作業する上で効果的な方法である。 [続きを読む]

KJの方法:短時間で優先事項を設定する

Post-it notes on a wall

製品またはチームの優先事項を設定する必要がある場合、KJ手法を用いることにより1時間ほどでその作業を完了することができる。 [続きを読む]

正確な構築を!UXデザイナーとデベロッパーのギャップを埋める

Three faces

チームを調整することにより、顧客のために最高のユーザーエクスペリエンスを作り上げるための、デザイナーとデベロッパー間のより良いコミュニケーションを計画・促進することができる。 [続きを読む]

アジャイル UX とはコラボレーションである: その方法をマスターする

アジャイル開発において、UX担当者は共通のゴールに向かって協力するチームの一員である。頻繁な成果物や継続的なフィードバックがこのプロセスに組み込まれれば、素晴らしいコラボレーションが可能である。 [続きを読む]

知識の架け橋からの眺め:融合とマッシュアップ (注) のナビゲート (注 マッシュアップとは、複数の曲のヴォーカルトラックや演奏トラックを取り出して合成すること)

Two screen shots

専門分野を超えるコラボレーションでは、翻訳、説明、報知を行うために「知識の架け橋」を必要とすることが頻繁にある。印刷版/デジタル版による2つの発行プロジェクトは、この架け橋を築き、より良いものを作り上げる。 [続きを読む]

現場の最前線との協力:サポートのデザイン

Post-it notes on a whiteboard

観察、ゲームストーミング(注 ゲームを使ったブレインストーミング的活動)、共同制作の演習、ストーリーボードにより、顧客サポートチームがチャット・インターフェイスのデザインを援助し、UXチームに協力の重要性を教えることができたケースを取り上げる。 [続きを読む]

ビデオ会議:距離の問題を克服する

Telepresence computer system

Googleチーム内のリモート・コラボレーションの研究から、ユビキタスなビデオ会議が、地理的に散在するチームが直面する課題を克服するのに役立っていることが分かった。 [続きを読む]

陪審員は評決に達したか?:UXの法廷によるアナロジー

Diagram of circular rings

12世紀から続く規律ある真実探求の理念、すなわち裁判所からコラボレーションが利益を得る方法とは何だろうか。この記事では、UXをデザインの被告および検察として据えている。 [続きを読む]

ロスト・イン・トランスレーション:国境を超えたデザインの機微を伝達する

チームのプロセス、行動、スケジュールの変更により、デザインの機微を失うことなく、異なる場所に存在するチーム間のコミュニケーションを向上することができる。 [続きを読む]

共同セッション:アナログツールとデジタルツールの一体化

Pen on a diagram

ハイブリッド・アフィニティ・ダイアグラム・マネージャー(HADM)は、手書きによるメモをリアルタイムでデジタル化することにより、コラボレーション・セッション後の情報の収集、整理および記録の有効性を向上させる [続きを読む]

コラボレーション成功ウィザード:遠隔プロジェクトを向上させる方法

Screen detail

地理的に散在するチームの協力は困難が伴うものの、より頻繁に見られるようになっている。コラボレーション成功ウィザードは、プロジェクト成功の可能性向上を目指している。 [続きを読む]

生存と創造性のためのコラボレーション

巣を作る、コミュニケーションを図る、さらに洪水によるリスクから身を守るためのアリの共同作業は、触発的なコラボレーションのモデルであり、UXの教訓となる。 [続きを読む]

切り札はこれ:UXチームにおける開発者

UXチームに開発者を加えると、調査への取り組みの条件を変えることができ、スケジュールや優先順位の問題を一括して避けられる [続きを読む]

読み書きを推奨する電子レーサー:二世代間プレーヤーのためのゲーム

電子レーサーは2人プレイ用のダウンロード可能なゲームで、子どもと親が一緒にプレイできるようデザインされている。デザインの各ステージで、学際的なチームが、親子が同時にプレイすることを通じて子どもの学習活動が最大化するようなデザインを行った。 [続きを読む]

メンタルヘルスへの取り組み

screencap of computer game

メンタルヘルス疾患は、深刻で苦痛を伴う精神的な症状と定義され、著しい機能障害に至ることもあり、回復のためには一般には何かしらの手助けを必要とする [続きを読む]

(English) What’s News: A Bevy of Good Ideas

(English) Mass collaboration in the development process can lead to simple to produce, inexpensive, and user-friendly devices [続きを読む]