Articles about UX手法

(English) How to Persuade without Manipulation (Book Review)

Ethical Design Handbook

(English) Ethical design is becoming an increasingly important topic. But how can you incorporate ethical practices in your existing company? This handbook offers a wealth of advice on how to begin the process and modify workflow to produce products that benefit the user and the business alike. As a balanced mix of theory and practical guidelines, this book will guide you to delight your customers while increasing revenues, without resorting to shady tricks and manipulation. This review includes an example of simple framework for design decisions. [続きを読む]

チャットボット:チャットボットを使った調査研究参加者との通信の自動化の検討

チャットボットは調査参加者との通信を自動化するために効果的なツールである。本記事では、携帯電話でSMSを使う参加者と通信するためにチャットボットがどのように構築されているかを学ぶ。 [続きを読む]

(English) How to Conduct Field Research Anywhere (Book Review)

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。 [続きを読む]

AV業界におけるUX:パソコンの画面を越えた適用

Conference room with many different sized audio-visual devices.

ソフトウェアのテストでは見つからない、AV機器の問題の数々について洞察を深めよう。 [続きを読む]

無駄のないユーザー調査:アジャイル手法最前線からの教訓

経験豊かなユーザー研究者が、迅速なアジャイル開発プロセスに合わせたユーザーエクスペリエンス調査を行うために、無駄のない調査方法を開始・反復・拡張するためのヒントを明かす。 [続きを読む]

Mechanical Turk:大枚をはたくことなく、リサーチを迅速に拡張

ユーザーエクスペリエンスの研究者はMechanical Turkを利用することにより、迅速で拡張可能、しかも低予算のリサーチを実施しながら、世界中のオーディエンスへのアクセシビリティと適合性をテストすることができる。 [続きを読む]

UXデザイン手法の選択:小さなUXデータをビッグに

どのUXデザイン手法を用いてプロジェクトを進めるか決定することは、いつもそう簡単なわけではない。実証的データに基づいてより良いツールを開発することで、その決定が容易になる。 [続きを読む]

ニールセンのヒューリスティック評価:原理と実践における限界

illustration of a checklist

ニールセンのヒューリスティック評価は、実際にテストする以外の方法をとる、標準的なユーザビリティ評価ツールの一つではあるが、変化するデザインの生態系には対応できていない。 [続きを読む]

5秒間ルールはより良いテストの作成に役立つ(書評)

Paul Doncaster著、『The UX Five-Second Rules: Guidelines for User Experience Design’s Simplest Testing Technique』(UXの5秒間ルール:ユーザーエクスペリエンスの最も簡単なテストテクニックのガイドライン)の書評。人間の認識に基づくオンラインの非モデレート型手法。 [続きを読む]

リサーチャー以外のスタッフによるユーザーリサーチ:専任のリサーチャーなしでユーザーのフィードバックを得る方法

UXリサーチャーが不在の場合の定性調査実施方法を説明する、ステップバイステップガイド。 [続きを読む]

移動の解明:シアトルで公共交通機関の利用者の体験を向上

定量調査、現地調査、そしてテストルームでのユーザビリティ調査は、効率的に人を移動させ、交通量を抑制し、都市部の渋滞を緩和するというこのUCDのプロジェクトに役立った。 [続きを読む]

微妙で厄介な状況を乗り切る(書評)

ドナ・テデスコおよびフィオナ・トランケーダ著、『The Moderator’s Survival Guide』(モデレータのサバイバルガイド)の書評。リサーチのモデレータとしての能力向上を図ろう [続きを読む]

MaxDiffアンケート調査:デザインに情報を提供し、戦略を推進し、協力を促す

MaxDiffアンケート調査では、デザインに関する質問に回答させ、それにより戦略的方向を定めることができる。またこの参加型のアプローチでは、チームメンバーは結果に対してオーナーシップ(所有者意識)を持つようになる。 [続きを読む]

ビジネス折り紙:ユーザーと共に学習、共感、および構築する

ビジネス折り紙は、製品、デザイン、あるいは他のソリューションを取り巻くエコシステムの「地図」を作成するための参加型デザイン手法である。 [続きを読む]

街中で知らない人に話しかける:気軽に声をかけることによる勧誘活動

調査プロジェクトのために参加者を募集するのは時として容易いことではないが、その対策として人が集まる所へ出向くと、適した参加者が見つかり易いことがある。 [続きを読む]

ジャーニーラインの活用:洞察と観念作用

ユーザー調査ツールの 1 つとしてジャーニーをマップ化することは、研究者と参加者の双方に「ストーリーに関する共通の理解」を持たせるのに役立つ。 [続きを読む]

機能の見せ掛け:接続されたモバイルプロトタイプの探索とテスト

インタラクティブなモバイル製品の探索には、リアルなインタラクションが必要である。機能とコネクティビティを見せ掛けることは、初期コンセプトをテストするのに十分なほど、ウェアラブルを本物らしく見せるのに役立つ。 [続きを読む]

視覚的分析:データに含まれる理由を見出す

従来のウェブ分析をデザインの決定につなげることは困難である。分析データの可視化はユーザーの行動への洞察を提供し、デザインのプロセスから発生する意見を排除する。 [続きを読む]

親愛なるダイアリーへ:回答者の日誌や日記を最大限に活用する

usage, process, experience combine into needs and lead to opportunities

ダイアリー調査は、研究に奥行きを加え、洞察に肉付けをすることを可能にする芸術であり科学であるが、多くの場合は最小限の追加費用しかかからない。 [続きを読む]

ユーザーの真の心理を明らかにする:UXリサーチの将来

ユーザーエクスペリエンス・リサーチの世界では、生理反応を取り入れた、素晴らしい新時代が幕を開けつつある。より経済的かつ実用的になりつつあるツールに期待しよう。 [続きを読む]

どこが痛いですか?ユーザーエクスペリエンス・リサーチに治療戦略を適用する

セラピストもユーザーエクスペリエンス研究者も、問題の診断と治療を目指している。UX調査員は、心理療法士が用いる、根拠に基づく、解決指向の手法から学ぶことができる。 [続きを読む]

無料の非モデレート型リモート・カードソーティング

Screenshot of the instructions and the slide sorter

スプレッドシート、プレゼンテーションソフトウェアおよび無料の統計ツール「R」を使用して、非モデレート型リモート・カードソーティングを実行、分析および解釈する。 [続きを読む]

親愛なるダイアリーへ:ユーザエクスペリエンス調査でのダイアリー使用

xx

UXの調査および評価は経験豊富なプロでも容易なことではない。スーパーヒーローであったり、魔法の水晶玉を持たない限り、どうすれば、UXに関連したすべての要因を考慮しつつ、ユーザ視点からの体験を把握できる調査方法を見つけ出せるだろうか。 [続きを読む]

企業におけるUXの負債:実用的なアプローチ

UXのフレームワーク、ユーザビリティの成熟度、技術的プラットフォームといった項目を点数化して様々な製品を比較することで、製品のユーザビリティを向上させ、UXの負債を減少させるための解決策が明確になる。 [続きを読む]

変革への適応:刻々と変化するビジネス環境におけるUXリサーチ

研究計画・実行・分析・報告を進化させることによって変化を受け入れ、変革に適応し、組織のニーズをよりよく満たしていくことは、UX研究者にとって必須の課題である。 [続きを読む]

ポーランド最大のイントラネット:設計上の課題とソリューション

ポーランド最大のエネルギー生産会社のイントラネットを作成するためにUCD(ユーザー中心設計)プロセスが使用されたが、その成功の鍵となったのは、ユーザー調査とコンテンツの優先順位付けであった。 [続きを読む]

DoGoマップの作成:ステップバイステップ・ガイド

DoGoマップは、システムの情報アーキテクチャ(IA)の概要を提供する軽量のツールで、UXチームと開発チーム間のコミュニケーションをより明確にする。 [続きを読む]

ブラジル産業界へのユーザー中心のデザインの導入:課題と見返り

企業組織でのUXの成熟度が低いブラジルでは、ユーザー中心のデザインはチャレンジであろう。チームは、ユーザー中心のデザインに対する経営陣の反発を乗り越えながら、文化的な考慮事項に取り組む必要がある。 [続きを読む]

コスタリカにおけるユーザビリティ評価:2つの視点

コスタリカで行われたこのケーススタディは、ソフトウェア開発会社およびソフトウェア開発の初心者におけるユーザビリティ評価の見方について調査するものである。 [続きを読む]

競争上の優位性の獲得: 「競合」の再考

ユーザーエクスペリエンスにおいて競合分析を行う際は、多くの異なる要素を考慮する必要がある。競合他社は、(サプライチェーンの)上流や下流に位置する場合や同業者である場合があり、類似製品はユーザーの持つ期待を理解するのに役立ち、インスピレーションを与えてくれる。(全文記事は英語とスペイン語で記載) [続きを読む]

ブレインスケッチング: 協同的インタラクションデザイン

Sketchpads on table

ブレインスケッチングは、グループでインターフェースのコンセプトを作成する際にそれぞれのアイデアを基盤として積み重ねていき、皆でひとつにまとめ上げていく迅速なスケッチング作業で、他者と共同作業する上で効果的な方法である。 [続きを読む]

KJの方法:短時間で優先事項を設定する

Post-it notes on a wall

製品またはチームの優先事項を設定する必要がある場合、KJ手法を用いることにより1時間ほどでその作業を完了することができる。 [続きを読む]

実践的なヒントと助言に関する精選した抜粋

The Mobile Frontier (book cover)

Rachel Hinman著『The Mobile Frontier』(モバイルの最前線)の書評。モバイル体験のデザインを始める人のためのガイド。 [続きを読む]

正しい調査方法の選択:それはABCと同じほど簡単なこと

ABC diagram on chalkboard

正しい調査方法を選択することは、質問と制約を前提として道理にかなったことを行うということである。まずはシンプルなABC:Attitude(態度)、Behavior(行動)、Comprehension(理解)に関する話し合いから始めよう。 [続きを読む]

ブラウザー内でのデザイン:敏感に反応するデザイン(レスポンシブデザイン)への効果的なコース

Sketch for a web page

「ブラウザー内でのデザイン」は、様々なディスプレイサイズのレンダリングを目的とする反応プロトタイプをデザイナーが効率よく作成し、それに変更を加えることを可能にする。 [続きを読む]

Uxerになるということ:セラピストになることとの類似点

He doesn't even respond when I am talking to him

あなたのユーザーエクスペリエンス・ツールキットにこれらのカウンセリグスキルを加え、顧客や同僚の有意義な体験を向上しよう。以下の三つのケーススタディを読んでいただきたい。 [続きを読む]

安心のためのデザイン:フローをほぼ達成する

Social media interface showing a message has just been sent

ユーザーの期待に沿う、ステータスの可視性を確保する、注意をそらすものを排除するというチクセントミハイのフローに関するデザインの3原則は、ユーザーの安心と関与に結びつく。 [続きを読む]

インターネットの開拓

sketchnote

私たちの勇敢なsketchnote作成者は、人とインターネットの歴史の中でイベントを探る。 [続きを読む]

プライバシーとテクノロジーの出会い:『The Circle』(サークル)の2つの視点(書籍レビュー)

book cover

David Eggers著『The Circle』(サークル)への2つの意見。プライバシー、情報、テクノロジーに関するレッスンが書かれている。 [続きを読む]

学習者を中心に据えたデザイン(書籍レビュー)

book cover

Dorian Peters著『Interface Design for Learning』(学習のためのインターフェイスデザイン)の書評。ユーザーを変えるデザインの創出 [続きを読む]

デザインとUXにおける創造性(書籍レビュー)

Book Cover

Tom Kelley、David Kelley共著『Creative Confidence:Unleashing the Creative Potential Within Us All 』(クリエイティブな自信:我々の中にある潜在的創造性の開放)の書評。ユーザーエクスペリエンスにおける創造性とデザイン。 [続きを読む]

正確な構築を!UXデザイナーとデベロッパーのギャップを埋める

Three faces

チームを調整することにより、顧客のために最高のユーザーエクスペリエンスを作り上げるための、デザイナーとデベロッパー間のより良いコミュニケーションを計画・促進することができる。 [続きを読む]

Rubesコミック: キリン

Rubes

風刺漫画家リー・ルビン(Leigh Rubin)のワイルドでひねくれた世界から生まれたコミック [続きを読む]

顧客協議会: アジャイル開発向けの研究手段

Website screenshot

顧客協議会がアジャイル開発の環境におけるユーザー研究の質を確保することに役立つ。協議会はプロジェクトの全過程で、戦略的洞察と実践的なユーザビリティのフィードバックの双方を提供する。 [続きを読む]

フィットするキャリア: 完璧なガラスの靴を求めて

Woman trying on shoes.

スタートアップ企業で働くことはUXのプロにとってたやすいことではない。社員が協力して共有ユーザーエクスペリエンスを作り上げ、維持する事例を紹介する。 [続きを読む]

より良いページ・テイクオーバー広告のデザイン: スイートスポットを見つけるには

Screenshot of ad takeover.

たぶん読者の方々はオンライン広告が嫌いで、無視しているのではないだろうか。しかしページ・テイクオーバー広告を含むウェブサイトのUXに携わる者は、これらの作成にユーザーエクスペリエンスの原則を生かすことができる。 [続きを読む]

百聞は一見にしかず(書籍レビュー)

Aga Bojko著『Eye tracking the User Experience – A Practical Guide to Research』(ユーザーエクスペリエンスのアイトラッキング – 研究のための実践ガイド)の書評。アイトラッキング調査を進める際のヒントが記載された必読書。 [続きを読む]

共同セッション:アナログツールとデジタルツールの一体化

Pen on a diagram

ハイブリッド・アフィニティ・ダイアグラム・マネージャー(HADM)は、手書きによるメモをリアルタイムでデジタル化することにより、コラボレーション・セッション後の情報の収集、整理および記録の有効性を向上させる [続きを読む]

コラボレーション成功ウィザード:遠隔プロジェクトを向上させる方法

Screen detail

地理的に散在するチームの協力は困難が伴うものの、より頻繁に見られるようになっている。コラボレーション成功ウィザードは、プロジェクト成功の可能性向上を目指している。 [続きを読む]

デザイナー向けMadLibs(単語穴埋めゲーム):ユーザーが作成したシナリオをベースに概念化をする

A mad-lib style form

斬新なアイデアを生み出ことでお悩みなら、「DesignLibs」 という、シナリオの中で欠けているキーワードをユーザーとなる人たちに埋めさせるデザインツールを、お薦めする。 [続きを読む]