長期指向の文化圏におけるサービスデザイン:「あっ、やばい」的状況への対処法

欧米諸国とアジア諸国との間の文化の違いは、サービスの不具合を顧客がどう受け止めるかに影響することがある。これらの相違を理解することで、ビジネスに大きなインパクトを与えることができるかもしれない。 [続きを読む]

ビッグデータによるユーザー行動の追跡:ユーザーエクスペリエンスにおける弱点の検知モデル

戦略的な量的トラッキングと質的フォローアップの組み合わせにより、製品に内在する問題――すなわち、ビジネスやユーザーエクスペリエンスに重要な影響をもたらす問題――を明らかにすることができる。 [続きを読む]

文化の枠を超えたコラボレーション:日本におけるUX研究のデザイン

グローバルリサーチをデザインするにあたっては、文化の相違に対して敏感であることが要求される。国際的なクライアントとの提携機会も多い東京のリサーチャーたちが、日本におけるUX研究のコツを教えてくれる。 [続きを読む]

より「貴重な」ユーザーをめぐる中国版追いかけっこ

Weibo (ウェイボー)、Alibaba (アリババ)、XiaoMi (シャオミー) といった中国のテクノロジー会社は、顧客ベースをファンベースへと転換してビジネスの成長を図るためにUXを活用している。 [続きを読む]

言い回し:UX言語の駆け引き

コラボレーションを成功させるための第一歩は期待する成果を明確にすることだが、明確な成果を設定するには共通の言語が必要である。 [続きを読む]

チェンジエージェントになる:UXが脅威として認識されるとき

リサーチャーとしてのアバター:WeChatを使用した中国における消費行動データの研究

方向を見定める:複雑な環境を理解するためのジャーニーマップの共同制作