UXの状況:南米からの声

南米では、同地域の文化的多様性 という課題があるにもかかわらず、UX分野の成長が始まっている。いくつかの国のUX専門家は、イベントを主催し、コミュニティを作るために、地域グループを形成している。 [続きを読む]

そちらはどんなふうにやってるの?:ブラジルとニュージーランドにおけるUXデザイン

ブラジルとニュージーランドの8人のUX専門家によるグローバルUXリサーチに関するインサイト。全く異なる2つの国において、リサーチ・ツールや優先されるリソース、そして仕事への情熱は共通している。 [続きを読む]

文化的な嗜好:ウェブにおけるメキシコ系アメリカ人

複数の民族グループを対象とする場合、特効薬的なソリューションというものは存在しない。米国のラテン系サブグループが皆同じウェブサイトを使用することもなければ、同じ文化的な圧力に遭遇することもない。 [続きを読む]

ウェブサイトのローカリゼーション:3つの基本原則

あらゆる言語、文化、場所のユーザーに対応するウェブサイトのデザイン方法を学ぼう。ウェブデザインのたった3つの基本原則を活用する ことにより、ウェブサイトを「ローカライズ」することができる。 [続きを読む]

ブラジル産業界へのユーザー中心のデザインの導入:課題と見返り

企業組織でのUXの成熟度が低いブラジルでは、ユーザー中心のデザインはチャレンジであろう。チームは、ユーザー中心のデザインに対する経営陣の反発を乗り越えながら、文化的な考慮事項に取り組む必要がある。 [続きを読む]

予想もしていないことに備えよ:グローバルリサーチ実施上のティップス

文化を超える10の方法:ユーザーの選択を容易にする

コスタリカにおけるユーザビリティ評価:2つの視点

文化的コンテキストとUXオムニチャネル調査:サンパウロでのモバイルウォレット調査から得た洞察

14-4-Rubes-Kangaroo