バリアブルフォント:タイポグラフィーの未来

バリアブルフォントが出現したことで、タイポグラフィーとユーザーエクスペリエンスの関係に対する我々の考え方も変わっていくことだろう。 [続きを読む]

悲嘆の5段階:ユーザビリティテストのオブザーバーの場合

このユーモアに満ちた記事では、クリフ・アンダーソンが、キューブラー=ロスの「悲嘆の5段階」とユーザビリティテストの初心者であるオブザーバーの経験とを比較している。 [続きを読む]

UX研究の進化:求人情報の分析

UX研究者を目指す人、キャリアを伸ばしたい人、デザイナーを養成したい人におすすめの記事。求人情報の分析から、UX研究の現状についての洞察を得よう。 [続きを読む]

大規模プロジェクトのためのユーザビリティマチュリティモデルの作成

ユーザビリティマチュリティモデル (UMM) は、チームが製品の発売時期を判断できるように、製品開発過程におけるユーザビリティの進歩を計画・測定・追跡するために使用される。  [続きを読む]

責任あるデザイン:不確実性と不安の軽減に向けた取り組み

責任あるUXデザインとは、「デザインが不確実性や不安といった社会的感情を悪化させる場合もある」ということを認識し、エンドユーザーを保護しながらビジネス目標を達成するための解決方法を見つけ出すようなデザインである。 [続きを読む]

エンタープライズ・ヘルスケアのUX全体にわたる「狩野モデル」の利用

IoTにおけるUXの課題:意図せずにデザインされる、ストレスフルな体験

IoTにおけるUXの役割を軽視するなかれ