ビッグ行動データ:ユーザーの不満を取り除くための鍵

新しいクラウドベースのツールにより、数多くのユーザーの行動データ(クリック、タップ、スクロール、移動の動きなど)を分析し、索引化することができる。スマートアルゴリズムは、ビッグデータから行動パターンを抽出し、UXリサーチャーがデータを効率的に取り出し、検証することを可能にする。これらの新しいツールは、人々が実際にどのようにウェブサイトを利用し、何に不満を持ち、何が転換を妨げているか、そしてより的を絞った調査が必要なのはどの部分かを理解するのに役立つ。この記事では、ユーザビリティテストの補完として、ビッグ行動データがいかに有効なものとなり得るかを考察する。

原文は英語だけになります

Rotolo, T. (2017). ビッグ行動データ:ユーザーの不満を取り除くための鍵. User Experience Magazine, 17(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/big-behavioral-data/?lang=ja

Leave a Reply