ビッグデータUX:リサーチの機会と倫理的課題

ライブA/Bテストや、大規模な無監督サンプルテストツールを含む新しいリサーチツールは、倫理的な課題を提起する。UX専門家として我々は、門番の役割を担わねばならない。我々が代弁すべきユーザーのニーズには、素晴らしいUXのみならず、例えば、チームメンバーが善意で「参加者が同意しなかった方法でビデオを使用する」ことを希望する場合などに、テストに参加してくれるユーザー情報を倫理的に適切な方法で管理することも含まれる。

原文は英語だけになります

Scott, J. (2017). ビッグデータUX:リサーチの機会と倫理的課題. User Experience Magazine, 17(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/big-data-ux/?lang=ja

Comments are closed.