UXデザインのための倫理フレームワークの構築

我々のテクノロジーの使用が増加するのに伴い、今日のニュースフィードはそれらテクノロジーに関連する倫理的な問題で溢れている。本記事の目的は倫理分類法の開発に着手することであり、それは今日のデザインにおける倫理的問題の重要性や影響を浮き彫りにするとともに、デザイナーがコンセプトを評価する際に役立つフレームワークの基盤となるであろう。

原文は英語だけになります

Kiess, C. (2019). UXデザインのための倫理フレームワークの構築. User Experience Magazine, 18(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/building-an-ethics-framework-for-ux-design/?lang=ja

Comments are closed.