企業における共感の構築:会議を調査の場として利用する

ユーザーから良い情報を得るという作業は、往々にしていくつもの課題を呈する。慎重に計画すれば、ユーザーグループの会議は、ワークフローと製品ユーザーのニーズに関する貴重な情報源となる可能性がある。進行中のデザインに対するフィードバックを得るための優れたチームを作り、ユーザーのニーズを理解して新しい機能の優先順位を決め、組織内でさらにUX手法の実践を進めよう。そして「会社はユーザーのニーズを重視している」ということをユーザーに伝え、自社製品へのロイヤルティーを急速に高めよう。

原文は英語だけになります

Nordin, D. (2016). 企業における共感の構築:会議を調査の場として利用する. User Experience Magazine, 16(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/building-empathy-in-the-enterprise/?lang=ja

Comments are closed.