教えることは学ぶこと:メンタリングを通して、自らのキャリア、職場、そしてUXコミュニティに付加価値を与えよう

メンターシップは、UXer(UXに携わる者)がUXのテクニックを習得し、スキルを磨き、個人としての目標を達成するための最も有効な手段の一つである。手法やベストプラクティスが刻々と進化し、専門家でも常に積極的に学習することが要求されるUX分野において、メンターシップは特に重要だといえる。メンターシップには多種多様な形態のものがあるため、メンターあるいはメンティーとして活動を開始したり、独自のメンタリングプログラムを設置したりすることは想像するよりも簡単である。

原文は英語だけになります

Bond, J., Chin, M., Wirtanen, A. (2017). 教えることは学ぶこと:メンタリングを通して、自らのキャリア、職場、そしてUXコミュニティに付加価値を与えよう. User Experience Magazine, 17(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/by-teaching-we-learn/?lang=ja