コネクテッド医療機器:デザインの決定を推進するためのデータの使用

モノのインターネット(IoT)革命の一環として、コネクテッド医療機器はますます一般化しつつある。スマート医療機器から収集されたデータは、従来のデザイン方法を用いることでは特定されない、機器の使用に関する貴重な情報源となる可能性がある。このデータは、他の健康・医療データと組み合わされて次世代型スマート医療機器のデザインを導き、より安全で有効な機器の開発へとつながる可能性がある。

原文は英語だけになります

Zwillinger, B. (2017). コネクテッド医療機器:デザインの決定を推進するためのデータの使用. User Experience Magazine, 17(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/connected-medical-devices/?lang=ja

Comments are closed.