信頼のおける調査研究のデザイン:意思決定のフレームワーク

調査者は、間違った行動、たとえば、調査メソッドありきで、調査参加者にあらゆることを尋ねるなどの失態を犯すことがある。このフレームワークを用いて、ステークホルダーは協力しながら、同意済みの既知の意見(柔軟な視点 対 固定された視点)と調査結果(チームへのインスピレーション 対 提供物に関する情報提供)を考慮した「2×2マトリクス」上での調査用質問を作成する。このプロセスによって、役割の異なるチーム間での調整が図れ、調査者に「信頼できる調査を注意深くデザインする能力」をもたらすことができる。

原文は英語だけになります

Kothandaraman, M., Ludin, Z. (2016). 信頼のおける調査研究のデザイン:意思決定のフレームワーク. User Experience Magazine, 16(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/designing-credible-studies/?lang=ja