信頼のおける調査研究のデザイン:意思決定のフレームワーク

調査者は、間違った行動、たとえば、調査メソッドありきで、調査参加者にあらゆることを尋ねるなどの失態を犯すことがある。このフレームワークを用いて、ステークホルダーは協力しながら、同意済みの既知の意見(柔軟な視点 対 固定された視点)と調査結果(チームへのインスピレーション 対 提供物に関する情報提供)を考慮した「2×2マトリクス」上での調査用質問を作成する。このプロセスによって、役割の異なるチーム間での調整が図れ、調査者に「信頼できる調査を注意深くデザインする能力」をもたらすことができる。

原文は英語だけになります

Kothandaraman, M., Ludin, Z. (2016). 信頼のおける調査研究のデザイン:意思決定のフレームワーク. User Experience Magazine, 16(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/designing-credible-studies/?lang=ja

4 Responses

  1. Web Developer より:

    Technology is evolving as time is passing and faster and better frameworks are being development to speed up the development process. Which is making it difficult for the developers to choose which framework the they should use for developing apps. Because it is difficult to switch the framework after learning to use it.

  2. ankush より:

    Truly informative and thought provoking. In my short span as a researcher, i have seen the ‘We believe we can ask people anything.’ phenomenon happening the most number of times. Will definitely try some of your suggested techniques.

  3. Meenakshi Ingole より:

    Very informative.. Thanks for sharing