未来志向のデザイン:あらゆるユーザーインターフェイスのためのモデリング構成

未来志向のアプローチでは、開発者と同じ方法――すなわち、形、様々なインターフェイスビュー、制御用インタラクションをそれぞれ分離すること――により、構成について考える。コンテンツを将来の利用に耐えうるようにするには、コンテンツの構成を計画・作成するという作業にも、インターフェイスを描いてデザインするのと同様の努力を注ぐ必要がある。このアプローチは、あらゆるデバイス、発行プラットフォーム、そして今後登場するコンテンツの販売方法において有用となるコンテンツの強固な基盤をつくり、企業のみではなく、そのユーザーにも利益をもたらすことになる。

原文は英語だけになります

Atherton, M., Hane, C. (2016). 未来志向のデザイン:あらゆるユーザーインターフェイスのためのモデリング構成. User Experience Magazine, 16(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/designing-future-friendly-content/?lang=ja

Comments are closed.