デジタル・アクセシビリティ:インクルーシブな体験の創出と訴訟の回避

ウェブアクセシビリティはこれまでにも良い慣行として奨励されてきたが、今年から、それはユーザーエクスペリエンスの専門家がもはや無視できない法的要件となった。

昨今、障害のある人にとって使いにくいウェブサイトやアプリケーションを理由に訴えられるリスクを負う企業は増加しており、ウェブアクセシビリティは単なるグッドアイデアではなく、法的要件として優先的に取り組むべき課題となっている。しかし、ウェブサイトやアプリケーションをアクセシビリティの基準に準拠させることは、途方もない作業のように思われがちなものである。本記事では、どこから作業に着手するか、また、どのようにしてアクセシビリティ・ソリューションと全体的なユーザビリティとのバランスをとり、すべてのユーザーのためのデジタル製品を生み出していくかについて学ぶ。

原文は英語だけになります

Rice, B. (2019). デジタル・アクセシビリティ:インクルーシブな体験の創出と訴訟の回避. User Experience Magazine, 19(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/digital-accessibility-creating-inclusive-experiences-and-avoiding-lawsuits/?lang=ja

Comments are closed.