UX調査を用いてアジャイルプロセスを導く方法

このケーススタディでは、著者が、チームとともにUX調査をアジャイル開発プロセスに組み入れた方法について語る。更新されたアジャイルプロセスでは、アジャイル開発スプリントの開始時点でUX調査が中心的な役割を果たすこととなり、そうした変化はチームが「どのようなユーザー問題を解決していくか」という点で足並みを揃えるのに役立った。さらにUX調査は、サイクルの終わりに、「スプリント中に構築された機能が、意図していたユーザー問題を解決したかどうか」を検証するのにも役立った。

原文は英語だけになります

Ho, L. (2018). UX調査を用いてアジャイルプロセスを導く方法. User Experience Magazine, 18(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/how-to-use-ux-research-to-guide-an-agile-process/?lang=ja