移動の解明:シアトルで公共交通機関の利用者の体験を向上

公共交通機関の利用者は、A地点からB地点までどのようにして移動するのだろうか。交通の手段は世界各地で異なるが、このプロジェクトでは利用者の様々なニーズを探り出し、より楽な移動を提供することに成功している。ユーザー中心設計を基本原理として交通機関利用者の体験を向上させ、公共交通機関の利用を促進するという目標は、UX専門家が顧客に提供するどのようなものよりも恒久的と言えるかもしれない。ユーザー中心設計の手法を利用すれば、より利用しやすい公共サービスと、真の意味で人々の役に立つ組織が生み出される。

原文は英語だけになります

Boyd, S., Wyosnick, I. (2016). 移動の解明:シアトルで公共交通機関の利用者の体験を向上. User Experience Magazine, 16(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/illuminating-the-journey/?lang=ja

One Response

  1. Mindtogo より:

    I love this!
    The digital reality is obliterating ‘transportation’ as a valid notion. Transportation is gone, the ‘experience’ of a journey is in. Anthro tech shows that they get it.
    I just love the depth of their understanding.
    Ja