インタラクティブな情報の視覚化:UXのベストプラクティス

情報の視覚化、つまり一連のデータを視覚的に表現することで、データは理解しやすくなる。しかし、視覚化された情報の多くは解釈し難く、その意図も明確ではない。インタラクティブな情報がうまく視覚化されれば、そこに語られるストーリーの中で読者はアクティブな聞き手の役割を演じることができる。そのような視覚化はメッセージを伝達し、理解を生み出す。視覚化というものが「どうしたらそれがうまくいくか」という観点から分析され、効果的な情報の視覚化とインタラクティブな体験を作り出すための原則を共有する。

原文は英語だけになります

Plamondon, L. (2015). インタラクティブな情報の視覚化:UXのベストプラクティス. User Experience Magazine, 15(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/look-at-this/?lang=ja

Comments are closed.