感情の測定:バイオメトリクスの代替としての自己報告

製品利用に伴う感情の流れを理解することで、標準的なユーザビリティの測定基準を単独で使用するよりも多くの考察が得られる。しかし、バイオメトリクスツールは高額でユーザーに心理的なプレッシャーをかけ、調査者の解釈が主観に偏るおそれもある。感情チャートとともに参加者の自己報告による感情を用いることにより、他の方法よりも高い費用対効果と、偏りなく正確な結果を得ることができる。

原文は英語だけになります

Garcia, S. (2016). 感情の測定:バイオメトリクスの代替としての自己報告. User Experience Magazine, 16(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/measuring-emotions/?lang=ja

Comments are closed.