ソーシャル数理:複雑なデータを意味あるものに変える

ソーシャル数理は、なじみのあるデータとの比較、およびシンプルで分かりやすい方法(すなわちインフォグラフィック)による可視化を通じ、統計および数値のデータを、ユーザーにとってよりアプローチしやすいものに変える。チェックリストの役割も果たすガイドラインにより、ソーシャル数理のインフォグラフィックをデザインし、作成する方法が示される。最も重要なポイントは、有意義な比較を特定し、その信頼性を保証するということである。

原文は英語だけになります

Yocco, V. (2015). ソーシャル数理:複雑なデータを意味あるものに変える. User Experience Magazine, 15(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/social-math/?lang=ja

Comments are closed.