米国政府のUX活動:課題、戦略、嬉しいニュース

有能な人材が、政府構造の複雑さ、膨大な数のシステム、限定的なUXリソースといった課題を抱えながら、優れた行政用のプロダクト作りに四苦八苦してきたが、最近では、政府機関がユーザーのニーズを満たすことを義務付ける法律と指針が策定されるという進展がみられている。この記事では、米国政府におけるユーザーエクスペリエンスのためのリソースと進展について概説する。

原文は英語だけになります

Fox, J. (2015). 米国政府のUX活動:課題、戦略、嬉しいニュース. User Experience Magazine, 15(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/us-government-ux-work/?lang=ja

Comments are closed.