習慣的な作業を変革:有意義な作業を行うためのプロジェクトデザイン

組織風土を変えて有意義な作業を行うには、どうしたらよいだろうか。トップダウンのイニシアチブを待つ代わりに、習慣的に行う作業を変えることによって、自らその変革を開始することができる。その例としては、意図を定義する、前提を特定化する、判断する前に試す、状況の所見を共有する、データの解釈において皆の意見を聞く、まとまりのある有意義な作業を創出する上での各役割を認識することなどが挙げられる。

原文は英語だけになります

Szuc, D., Wong, J., Burchat, M., Fabrizi, J. (2016). 習慣的な作業を変革:有意義な作業を行うためのプロジェクトデザイン. User Experience Magazine, 16(4).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/changing-routines/?lang=ja

Comments are closed.