文化の枠を超えたコラボレーション:日本におけるUX研究のデザイン

日本で研究を行う際のグッドプラクティスには、不確実性の回避度の高さやスケジュール厳守といった文化の相違を認識すること、そして言語の違いに敏感であることなどが含まれる。また、現地のリサーチパートナーとの共同作業も推奨される。研究の初期段階におけるパートナー間の良好なコラボレーションは不可欠であり、研究の成功と失敗を左右する鍵ともなり得る。

原文は英語だけになります

Weeks, J., Ushioda, H. (2017). 文化の枠を超えたコラボレーション:日本におけるUX研究のデザイン. User Experience Magazine, 17(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/collaborating-across-cultures/?lang=ja

Comments are closed.