慢性病患者のためのデザイン:理解からイノベーションへ

今日、世界中の多くの人々が慢性病と共に生活している。工業デザインを学ぶ学生のグループに、多発性硬化症、脳性まひ、パーキンソン病、および関節炎を患う患者の健康と生活を向上する方法を研究するという課題が出された。若いデザイナーたちは、革新的ソリューションを求めて未知の分野を研究することになった。その結果、このような症状を患う患者の困難を理解し、感じ、患者が直面する困難を知るには、共感的な研究が重要であることを学んだ。原文は英語だけになります

Qian, Z. (2014). 慢性病患者のためのデザイン:理解からイノベーションへ. User Experience Magazine, 14(3).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/design-for-chronic-conditions/?lang=ja

Comments are closed.