教育におけるデザイン:ギャップを埋めて変革を推進する

教育機関のあり方を見直して、イノベーションの文化を推進し、教育と学習の体験を再構築するには、デザインが役立つ。通信制大学ではデザイン思考とその主な特徴(共感的、反復的、実践的、学際的など)を、学生が学べるかたちで取り込むことが可能である。このようにして、教育者はより良いデザイナーとなり、教育におけるイノベーションに貢献することができる。

전체 기사는 영어로만 제공됩니다.

Garreta-Domingo, M. (2016). 教育におけるデザイン:ギャップを埋めて変革を推進する. User Experience Magazine, 16(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/designing-education/?lang=ja

Comments are closed.