運転支援システム:安全性の観点から見たUX

運転支援システムには、さまざまな文化的要件に対応するUXデザインが必要である。安全性・快適性・満足度の向上は、運転支援システムの設計と操作がユーザーの期待や運転習慣と一致して初めて達成可能となる。誤解や乱用、過度の信頼を回避するには、さまざまな国において実際の状況で運転支援システムがどのように使用されるかに応じて、UXデザインを適応させる必要がある。

原文は英語だけになります

Hansen, F., Marquardt, S. (2020). 運転支援システム:安全性の観点から見たUX. User Experience Magazine, 20(2).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/driver-assistance-systems-ux-from-a-safety-perspective/?lang=ja

Comments are closed.