効果と効率:UXとデザインレビューの実施

堂々巡りのフィードバックに基づくデザインレビューの繰り返しは、我々の誰もが経験していることだ。この手法では、まず最初に正しいデザイン方向性で、重要ポイントのすべてに取り組んでいるかどうかに焦点を合わせる。その後の2回目のレビューでは、すべての評価基準が考慮されているか、そして最後のレビューでは、詳細に及ぶインタラクションと技術的な実現可能性についてさらに検証する。この記事の続きを読んで、デザインのインスピレーションを刺激し続けるとともに、何よりも重要な「質の高いデザインの実現」へとつながる効果的かつ効率的なデザインレビューを実施する方法について、さらに詳しく学んでいただきたい。

原文は英語だけになります

Zibell, K. (2016). 効果と効率:UXとデザインレビューの実施. User Experience Magazine, 16(5).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/effective-and-efficient/?lang=ja

Comments are closed.