研究オブザーバーの参加:ユーザ調査で見落とされがちなステップ

ユーザビリティ活動の計画には、オブザーバーを参加させるための方法が含まれるべきだ。あるプラクティスのケーススタディによれば、事前のちょっとした準備がオブザーバーをより効果的に引き込むのに有効であるとのことである。自らの作業の可視性が向上し、見出された事柄や提案されるソリューションに関する掘り下げたディスカッションのできることなどが、その利点として挙げられる。ユーザビリティテストで観察すべきことをオブザーバーに教え、参加者は誰でも意見を持っているということを学ばせることが大切だ。

原文は英語だけになります

Fishel-Brown, S., Schroeder, E. (2013). 研究オブザーバーの参加:ユーザ調査で見落とされがちなステップ. User Experience Magazine, 13(1).
Retrieved from http://uxpamagazine.org/engaging-study-observers/?lang=ja

Comments are closed.